駒木鹿子踊りと角助の碑
駒木鹿子踊り 角助の碑
駒木鹿子踊り 角助の碑  

 

名称 コマギシシオドリトカクスケノヒ
駒木鹿子踊りと角助の碑
種別 複合遺産
住所 松崎町駒木地区/松崎町駒木7‐14
説明 認定番号:96号
推薦団体:松崎町地域づくり連絡協議会
【遺産の概要】
駒木鹿子踊りは、駒木の角助という者が『遠野古事記』では京都で習得して伝えたことになっており、『上閉伊郡誌』では遠州掛川で習い覚え伝えたと言われている。領内の神社の祭典では常に駒木鹿子踊りが先頭をつとめたといい、昭和30年に保存会を結成、昭和54年に遠野市指定無形文化財に指定されている。踊り初め、踊り納めは角助の墓前で感謝の意をこめて行われる。 
備考 地区:松崎、大別:複合