ヒトパピローマウイルス(HPV)とは

 ヒトパピローマウイルス(以下「HPV」と言います。)は、性的接触のある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスです。

 子宮頸がんを始め、肛門がん、膣がんなどのがんや尖圭コンジローマ等多くの病気の発生に関わっています。特に、近年若い女性の子宮頸がん罹患が増えています。

 HPV感染症を予防するワクチン(以下「HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)」と言います。)は、小学校6年生から高校1年生相当年齢の女子を対象に定期接種が行われています。

 接種にあたっては、厚生労働省作成のリーフレットやホームページ(下記参照)を参考に、ワクチンの有効性や副反応等について医師とよく相談し、接種を行ってください。

 【概要版】小学校6年~高校1年相当女の子と保護者の方へ大切なお知らせ.pdf [ 4190 KB pdfファイル]

 【詳細版】小学校6年~高校1年相当女の子と保護者の方へ大切なお知らせ.pdf [ 5782 KB pdfファイル]

 HPVワクチンの接種を受けた方へ.pdf [ 1274 KB pdfファイル]

 (参考)厚生労働省ホームページ(ヒトパピローマウイルス感染症~子宮頸がんとHPVワクチン~)(外部リンク)

HPVワクチン定期接種について

対象者

 遠野市に住民票のある小学6年生から高校1年生相当年齢の女子

接種期限

 高校1年生相当年度の3月31日まで

接種回数、間隔等

 接種回数:3回(※途中でワクチンの種類を変えることはできません)

 接種スケジュール

ワクチンの種類 標準的な接種スケジュール
サーバリックス(2価ワクチン)

1回目接種から1か月後に2回目を接種

1回目接種から6か月後に3回目を接種

ガーダシル(4価ワクチン)

1回目接種から2か月後に2回目を接種

1回目接種から6か月後に3回目を接種

接種費用

 上記の対象者が接種期限までに既定の回数と間隔で接種する場合、接種費用は無料です。

接種場所

 遠野市が指定する市内医療機関で接種することができます。

 市内指定医療機関一覧のほか予防接種を受ける時の注意等は、「ヒトパピローマウイルス(HPV)感染症予防接種説明書.pdf [ 496 KB pdfファイル]」をご覧ください。

キャッチアップ接種を実施します

 HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)は、平成25年6月14日付け厚生労働省通知に基づき積極的な接種のお奨めを差し控えておりましたが、令和3年11月26日付けで同通知が廃止されました。

 この間、積極的な接種のお奨め差し控えにより接種機会を逃した方(平成9年度から平成17年度生まれの女子)に対して、公平な接種機会を確保するため、令和4年4月1日から令和7年3月31日までの3年間、本来の定期接種の対象年齢を超えて、公費の助成により接種を行う「キャッチアップ接種」を実施します。

 対象者の方へは、令和4年5月下旬頃にキャッチアップ接種に関するご案内を直接郵送する予定です。

 その他の詳細については、決まり次第随時更新します。