こども本の森構想とは・・・「震災復興から文化復興へ」

 コンセプト  「本とふるさと 未来へつなぐ 文化復興拠点」

 三陸文化振興プロジェクトで、献本活動と文化財レスキューを行ってきた遠野市。

 次の被災地支援として、沿岸と内陸をつなぐ遠野が"本"を中心につぎの時代をつくる子どもたちの想像力・創造力を養うことが大切と考え、被災地の文化復興拠点として子ども向け本の施設を整備する「こども本の森構想推進事業」を進めます。

 脈々と伝承されてきた遠野の古きよき文化を土台として、未来をつくる子どもたちのために"本"とふるさとが未来へつなぐ、遠野にしかできない新たな復興のシンボルをつくります。

 世界的建築家・安藤忠雄氏が提唱する「東北の復興のシンボルはこどもたちの未来である」「子どもたちの未来のためには本・読書が大事ではないか」という想いをカタチニするため、安藤氏が「こども向けの本の施設」をつくり、遠野市に寄贈していただきます。

 遠野市は、この施設を含めた「まちなか」を「子育てゾーン~わらすっこの居場所=こども本の森構想」としていくための検討を進めています。

きっかけ

 安藤忠雄氏が遠野文化研究センター赤坂憲雄所長、西舘好子顧問を介して、遠野市に「こども向けの本の施設」をつくってはどうかとの提案がありました。

 この提案に対して、市と赤坂憲雄所長、西舘好子顧問、安藤忠雄氏が協議を重ね「まちなかの古民家」を活用した「こども向けの本の施設」整備に向けて検討していくことで合意しました。

概要・経過

  事業の概要についてはこちらをご覧ください。

 こども本の森構想推進事業 概要[622KB pdfファイル] 

今後の予定

 市議会議決など必要な手続きを踏まえてこれを決定し、整備に向けた調整を進めていきます。

【施設整備日程】

1 工事着工 令和2年10月

2 建物完成 令和3年5月

3 オープン 令和3年7月