循環型社会形成推進交付金とは

 「循環型社会形成推進交付金」は、市町村が廃棄物の3R(リデュース・リユース・リサイクル)を総合的に推進するため、広域的かつ総合的に廃棄物処理施設等の整備を計画するよう、平成17年度に創設された環境省の交付金制度です。

 遠野市では、公共用水域の水質と生活環境の保全、公衆衛生の向上に寄与することを目的として、公共下水道及び農業集落排水の整備区域以外の区域において、合併処理浄化槽の計画的な整備を図るため、「循環型社会形成推進交付金」を活用し、「浄化槽設置整備事業」を実施しています。

 「循環型社会形成推進交付金」の対象事業を実施する市町村は、「循環型社会形成推進地域計画」を作成し、計画期間終了後に事後評価を行い、達成状況等を確認し、目標が達成されていない場合は、その要因及び目標達成に向けた方策等を内容とする改善計画書を作成することとされています。    

地域計画(令和3年度~令和7年度)について

 令和3年度から令和7年度までの5箇年の地域計画を作成しましたので、内容を公表します。

 
循環型社会形成推進地域計画(令和3年度~令和7年度).pdf [217KB pdfファイル]  

地域計画(平成28年度~令和2年度)の事後評価について

 平成28年度から令和2年度までの5箇年の地域計画の計画期間が終了したため、事後評価を行いましたので、内容を公表します。 
 また、地域計画で設定した目標が達成されなかったことから、改善計画書を作成しましたので、併せて内容を公表します。

 
循環型社会形成推進地域計画(平成28年度~令和2年度) 目標達成状況報告書.pdf [85KB pdfファイル] 

 循環型社会形成推進地域計画(平成28年度~令和2年度) 改善計画書.pdf [92KB pdfファイル]