1 給食対象校及び給食供給人員

  ○小学校  12校 (内特別支援学校 1校)    児童数  1,076人 職員  164人 

  ○中学校    4校 (内特別支援学校 1校)    生徒数     621人 職員    69人

       ※令和3年5月1日現在

2 給食日数 

  一人当たりの年間給食日数

  〇小学校 168日

  〇中学校 168日

3 学校給食センター 

  平成25年4月にオール電化の新しい学校給食センターになりました。

    新しくなったことで、いろいろなことが変わりました。

  ○見学通路から、調理の様子を見ることができます。事前に申し込んで試食も可能です。

   ※ 現在、新型コロナウイルス感染症予防のため試食会は行っておりません。

  ○米飯給食は週4回、センターで炊飯しています。

  ○食物アレルギーの代替食の提供が可能になりました。

  ○和え物のメニューの巾が広がりました。

  ○新鮮な果物を提供できます。

  ○地産地消を推進しています。 

 

4 給食費

 令和元年度から、食材費の一部を遠野市が負担しています。保護者の負担額は据え置き、食材費の一部を遠野市が負担することで、給食内容の充実を図ります。

 ○小学校児童   年額 47,370円 (保護者負担額42,840円、市負担額4,530円) 

 ○中学校生徒   年額 58,880円 (保護者負担額50,150円、市負担額8,730円)

    ・ 年間徴収回数     10回 

    ・ 徴収月   5月~2月

5 「地産地消」及び「食育」の推進  

 ・遠野市内で採れた農産物や食材の利用拡大に努めています。令和2年度の学校給食食材に占める地場産物の使用割合は重量ベースで64.4%です。 

 ・令和3年度は、専任の栄養教諭が各学校で食育の授業を行います。各学校のニーズや問題点など、子どもの目線で分かりやすい授業を目指します。

6 衛生管理   

  学校給食法「学校給食衛生管理基準」基づき衛生管理の徹底に努めています。