新生児聴覚検査とは

 赤ちゃんの聴覚に異常がないかを早期に発見するための検査です。生まれつき、両側の耳の聞こえに異常があるお子さんは1,000人に1~2人と言われています。この検査により、聴覚の異常を早期に発見し適切な治療を行うことで、言葉の発達への大きな効果が期待できます。検査は、新生児が眠っている間に数分で行われ、県内のほとんどの産科医療機関で検査が可能です。 

対象者等

  母子健康手帳交付時に新生児聴覚検査受診票を交付しますので、新生児聴覚検査を受ける際に、産科医療機関に提出してください。

対象者 新生児の保護者で遠野市内に住所のある人
助成額
初回検査費用分:上限5,000円(検査費用が5,000円未満の場合は、その金額分を助成)
助成対象となる検査 AABR(自動聴性脳幹反応検査)、ABR(聴性脳幹反応検査)、OAE(耳音響放射検査)のいずれも可
その他 里帰りなどで、県外の受診を希望される方は、事前に母子安心課までご連絡ください

  【岩手県】「新生児聴覚検査」実施医療機関一覧 

▶詳しくは、「新生児聴覚検査費助成事業について」.pdf [ 265 KB pdfファイル]をご覧ください。