◆イベント中止のお知らせ◆

  新型コロナウィルス感染拡大防止のため、下記イベントを中止とします。

  〇3月3日(火)遠野市立博物館企画展示室 13:30~ 

   令和元年度特別展「遠野のひな人形」ギャラリートーク

  〇3月5日(木)青笹地区センター

   博物館移動展「遠野領内図」

博物館カレンダー

 博物館の開館日・休館日

  ●2月

   3日(月)、10日(月)、17日(月)

  ●3月 

   9日(月)、9日(月)、16日(月)、23日(月)、28日(土)~31日(火)

  令和元年4月~令和2年3月の開館日カレンダーはコチラ↓

  令和元年博物館開館日カレンダー 

企画展・催し

 ◆遠野市立博物館令和元年度特別展「遠野のひな人形」 

 

 

 

 

 

 

その他のお知らせ

 ◆南部御城印プロジェクト「南部お城めぐり」

  南部氏ゆかりの7つのお城(根城・種里城・聖寿寺館・三戸城・九戸城・久慈城・鍋倉城)は、令和元年7月13日(土)よりそれぞれの「御城印」を販売いたします。

 ※御城印とは…城を訪れた記念の証として、各地の城で販売され、「登城記念符」「御城朱印」とも呼ばれるものです。全国100か所以上のお城が販売し、青森県内では弘前城・浪岡城で販売中です。

 

 各城の御城印にはゆかりの家紋などがあしらわれております。

 遠野市立博物館で販売している「鍋倉城」の御城印は、遠野南部家の家紋である向鶴・九曜紋を配置し、遠野で今なお慕われている女殿様「清心尼公」のハンコを押印しています。

 また、台紙には地元の遠野緑峰高校の生徒が名産品のホップを使って一枚一枚漉いた「ホップ和紙」を使用しています。

  岩手県内初の販売になりますので、是非記念にお求めください。

 ※遠野市立博物館受付でのみ販売します。鍋倉城及び鍋倉神社での販売はありません。

 ※1枚300円です。(全御城印共通値段)

 ※在庫僅少につき、お一人様二枚までとさせていただきます。

 ※販売は現地での販売のみになります。通信販売は対応しておりません。

    ※【お知らせ】現在、多くお客様のご要望にお応えしまして、ホップ和紙の他に通常の和紙を使用した御城印も販売していますホップ和紙は和紙の生産状況により、品切れが発生する場合があります。ご了承ください。

 

 

  御城印対象のお城一覧はこちら 御城印対象のお城一覧表】  

 各御城印の詳細はこちら 各御城印について】 

 

多言語ガイドタブレットについて 

  

 平成31年1月4日(金)から多言語ガイドタブレットが利用できます。

 多言語ガイドタブレットとは、日本語・英語・フランス語・中国語(簡体字・繁体字)の

 5か国語の音声と字幕で博物館内を見学することができるタブレットになります。

 ※使用するイヤホンは骨伝導式で清潔に使用することが出来ます。

 

 【多言語ガイドヘルプ】

 日本語  英語  フランス語   中国語(簡体字  繁体字  )

 

 多言語ガイドタブレットは無料で利用することができますので、ご利用を希望する方は博物館受付にお申し出ください。

 

 ※4月から新たにドイツ語が追加されました。

  タブレットでドイツ語を選択することが出来ます。

 

 博物館 Free Wi-Fiについて

 博物館案内カウンターにてFree Wi-Fiをご利用いただけます。
 ※館内の一部では使用できない場所もあります。

 ご利用方法

 1.スマートフォンの「設定」から「Wi-Fi」を開く
 2.ネットワーク一覧から「0000TONO Free Wi-Fi」を選択
 3.パスワードを入力(パスワードは現地でご確認ください)
 4.接続してブラウザーを開く
 5.ネットワークご利用案内の内容を確認し、よろしければ「利用登録」を選択
 6.利用登録画面にメールアドレスを入力し、「同意します」を選択
 7.一度Wi-Fiを切り、メールを受信。メールに記載されたIDを確認
 8.10分以内にネットワークご利用案内の画面が表示されますので、メールに記載された利用者IDを入力
 9.利用開始をタップすると、インターネットが使用できるようになります。

 ※認証の有効期限は最大1年間です。
  有効期限内であれば、取得したIDを入力し1日に4回まで利用できます。
 ※1回の利用時間は30分です。
 ※フェイスブックのアカウントをお持ちの方は、そちらでも接続することができます。

 

 関連施設のお知らせ

 ◆遠野蔵の道ギャラリー

 ■通常展示(イベントがない場合は下記の展示になります)

 遠野の写真展(1F市民ギャラリー)
 まんが原画展(2F創作活動室)

      9:00~17:00
      観覧無料、月曜休館

 *各施設の詳細はこちらをご覧ください。  

 

遠野文化研究センター・遠野市立博物館 ホームページ tonoculture.com/
こちらのページでも博物館の情報を掲載しております。
右端の遠野市立博物館のタブをクリックしてください。

 

 

 

次郎左衛門雛、享保雛、古今雛、有職雛…時代と流行で変わるひな人形。

博物館で所蔵する江戸時代から明治・大正期の遠野のひな人形を中心に展示します。

■日時:令和2年2月7日(金)から3月8日(日)
※2月10日(月)、2月17日(月)は休館日
■時間:午前9時から午後5時まで(入場は午後4時半まで)
■入場料:一般310円、高校生以下160円(20名様以上の団体の場合、お一人様50円引き)
■会場:遠野市立博物館企画展示室

 

関連イベント

■ギャラリートーク
第1回 令和2年2月21日(金)午後1時半から午後2時
第2回 令和2年3月3日(火)午後1時半から午後2時

※3日のギャラリートーク参加者にはプレゼントもあるよ!!

ひな人形の種類や歴史、遠野のひな文化の展示解説を行います。

是非ご参加ください。

■その他
現在販売中の「鍋倉城御城印」もひな祭り期間のみ、ひな仕様になります。

(御城印のデザイン、品質に変更はありません)