食育イベント inたかむろ水光園

 9月は健康増進普及月間です。

 遠野市ではウィズコロナの中で市民の皆さまに食育を体験する場として、遠野市食育推進協力店の協力のもと「食育イベント」を開催しました。 

 感謝の心やつくる力を育むための食育体験や、「自分の健康は、自分で守る」ことを目的に、普段何気なくすませている食事を、「健康」を意識して食べてみる。そんな体験ができるようなイベントでした。

 会場は、遠野市食育推進協力店登録№1「(一社)遠野ふるさと公社 たかむろ水光園」で下記の内容により実施されました。

 食育イベントチラシ [1768KB pdfファイル] 

 健幸ポイント対象メニュー表(たかむろ水光園レストラン) [3127KB pdfファイル] 

  

 【対象メニューを食べて健幸ポイントをもらおう!】

 水光園レストランメニューのうち「野菜を食べよう!メニュー」と「適塩量を学ぼう!メニュー」の中から1品を食べて、会計レシートを市内各地区センターまたは遠野市福祉の里健康長寿課のICT健康塾担当者へ提出すると、健幸ポイント20ptが付与されます。

 「野菜を食べよう!メニュー」は、成人が1日に必要な野菜量の1/3以上をとれるメニューで、「いつもこのくらい食べていたかな?」、「この量なら無理なく食べられそうだな」、「外食でもこれくらいの野菜を食べれば良いんだな」と気づきになりました。

 (一例)

 

 ↑なんばん味噌めし(野菜使用量約200g)

 

 

 ↑タンメン(野菜使用量約230g)

 

 

 「適塩量を学ぼう!メニュー」では、比較的食塩使用量の少ないメニューの中から、さらに「汁やスープの食べ方」に気を付けることで、より減塩が期待できる食べ方を学びました。

 (一例)

 

 ↑天ざるそば(汁を全量含む食塩相当量約3.4g)➡汁を半分残した場合(食塩相当量約1.7g) 

 

 

 【釣って楽しい!作って楽しい!アツアツおいしい炭火焼体験!】

 ①釣り堀場で、エサを付けて自分のちからで魚を釣ってみました。

 

 ②釣った魚はスタッフの方に教えてもらいながら、内臓をとったり、塩で味付けをしたり…。おっかなびっくりでも頑張りました。

 

 ③まるごと一尾「いただきまーす!」。魚の骨も上手に口から出して、残さずきれいに食べました。

 

 「さっきまで おさかなさん およいでいたねぇ。」

 命をいただいていることの“感謝の気持ち”を感じることができました。「おさかなさん ありがとう」。

 

【昨年度の様子】ぱすぽる食育まつり 2019 

 

 令和年9月28日(土)に遠野市総合食育センターぱすぽるを会場に、ぱすぽる食育まつりを開催しました。

 遠野市食育推進計画「とおのっこプラン」にちなんだ5つのブースを開設し、様々な体験や試食があった他、遠野緑峰高校や中部保健所、銀河フーズのブースも参加し、賑やかな食育まつりとなりました。また食育センター2階では学校給食の試食会があり、来年度1年生となる子供たちは、学校給食の雰囲気に触れる機会となりました。

  食育まつりの様子.pdf [1074KB pdfファイル] 

   

  ※令和2年度ぱすぽる食育まつりは新型コロナウイルス感染症拡大予防のため【中止】としました。