ヒトパピローマウイルス感染症を予防するワクチン(HPV(子宮頸がん)予防ワクチン)の積極的な接種のお奨めの差し控えにより定期接種の機会を逃し、定期接種の対象年齢を過ぎてHPVワクチンを自費で接種した方の接種費用について、償還払いにより助成します。

対象者

 次のすべてに該当する方

  • 平成9年4月2日から平成17年4月1日までの間に生まれた女子
  • 令和4年4月1日時点で遠野市に住民登録がある方
  • 16歳となる日の属する年度の末日までに、HPV(子宮頸がん)予防ワクチンの3回の定期接種を完了していない方
  • 17歳となる日の属する年度の初日から令和3年度の末日までに任意接種を受け、実費を負担した方
  • HPVワクチンのキャッチアップ接種を受けていない方

 ※上記のほか、市長が特に必要と認めた方を対象者とします。

申請方法

 遠野市健康福祉部保健医療課に必要書類を提出

必要書類

 遠野市ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請書に、次の書類を添付して提出してください。

  1. 支払額が確認できる書類(領収書等)
  2. 接種記録が確認できる書類(母子健康手帳、予防接種済証、予診票の写し等)
  3. 振込先金融機関の通帳又はキャッシュカードの写し
申請期限

 令和7年3月31日まで

その他
  1. 令和4年4月1日時点で、遠野市以外に住民登録があった方は、前住民登録自治体での手続きとなります。(前住民登録自治体にお問い合わせください。)
  2. 償還払いの対象者は、上記「対象者」に記載のとおりですが、次の方については、HPVワクチンの接種状況等を調査し、償還払いの対象者とするか個別に判断します。該当する方は、必ず健康福祉部保健医療課母子安心係(0198-62-5111 代表)にお問い合わせください。
  • 上記「対象者」の全てに該当する方で、自費で9価ワクチンを接種した方
  • 令和4年4月1日以降に、県外等で自費接種した方

申請書ダウンロード

 遠野市ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請書.doc [ 71 KB docファイル]

 遠野市ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請書.pdf [ 147 KB pdfファイル]