造血幹細胞移植等の治療を受けた等の特別の理由により、接種済みの予防接種の免疫が低下又は消失した方への予防接種再接種費用を助成します

造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血管細胞移植及びさい帯血移植)や化学療法等の医療行為を受けた等の特別の理由により、治療前に接種した定期接種の免疫が低下又は消失し、接種済みの予防接種の効果が期待できないと医師に認められ、任意で再度予防接種を受ける方へ、再接種にかかる費用の一部助成を開始しました。

遠野市特別の理由によるワクチン再接種費用助成のお知らせ.pdf [ 565 KB pdfファイル]

助成対象となる方

(1) 再度の予防接種を受ける日において、遠野市に住所を有する20歳未満の方

(2) 造血幹細胞移植や化学療法等の医療行為により、接種済の予防接種の免疫が低下又は消失したと医師が認め、予防接種の再接種を希望される方

助成対象となる予防接種の条件

(1) 予防接種法で定期接種に位置付けられている子どもの予防接種であること

B型肝炎、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌、四種混合、三種混合、二種混合、不活化ポリオ、麻しん風しん(MR)、水痘、日本脳炎、ヒトパピローマウイルス

※ただし、ヒブワクチンは10歳未満、小児用肺炎球菌は6歳未満、四種混合は15歳未満と接種できる年齢に制限がありますので、ご注意ください。

(2) 治療前に接種した定期接種の再接種であること

(3) 医師が必要と認めるものであること

(4) 令和4年6月1日以降の接種であること

※造血幹細胞移植や化学療法等の医療行為により、定期接種を受けられなかった方のうち、一定の要件を満たす場合(長期療養特例対象者)は、定期接種の対象期間外であっても定期接種として公費負担で予防接種を受けることができますので、お問い合わせください。

助成方法

償還払い(全額医療機関へ支払い後、遠野市へ償還払いの申請をします)

助成金額

再接種にかかった費用(上限あり)

申請の流れ

助成金の交付を受けるには、再接種をする前と再接種をした後のどちらも申請が必要になります。必ず申請してください。

遠野市特別の理由によるワクチン再接種費用助成申請の流れ.pdf [ 62 KB pdfファイル]

1 再接種する前の手続き

・遠野市特別の理由によるワクチン再接種費用助成金交付申請書(様式第1号)及び遠野市特別の理由によるワクチン再接種に係る医師の意見書(様式第2号)に、母子健康手帳を添えて市へ提出します。

・市から遠野市特別の理由によるワクチン再接種費用助成金認定(却下)通知書を受け取り後、かかりつけ医療機関等で再接種を受けます。

遠野市特別の理由によるワクチン再接種費用助成金交付申請書(様式第1号).doc [ 51 KB docファイル]

遠野市特別の理由によるワクチン再接種費用助成金交付申請書(様式第1号).pdf [ 103 KB pdfファイル]

遠野市特別の理由によるワクチン再接種に係る医師の意見書(様式第2号).doc [ 53 KB docファイル]

遠野市特別の理由によるワクチン再接種に係る医師の意見書(様式第2号).pdf [ 111 KB pdfファイル]

※再接種する予防接種の種類が変更になった場合、遠野市特別の理由によるワクチン再接種費用助成金変更承認申請書(様式第4号)を市に提出する必要があります。

遠野市特別の理由によるワクチン再接種費用助成金変更承認申請書(様式第4号).doc [ 43 KB docファイル]

遠野市特別の理由によるワクチン再接種費用助成金変更承認申請書(様式第4号).pdf [ 65 KB pdfファイル]

2 再接種が終わった後の手続き

・遠野市特別の理由によるワクチン再接種実施報告書兼費用助成金交付請求書(様式第6号)に、医療機関から発行された再接種費用にかかる領収書等と母子健康手帳を添えて市へ提出します。

※再接種が終わった後、1年以内に手続きをしてください

遠野市特別の理由によるワクチン再接種実施報告書兼助成金交付請求書(様式第6号).doc [ 94 KB docファイル]

遠野市特別の理由によるワクチン再接種実施報告書兼助成金交付請求書(様式第6号).pdf [ 132 KB pdfファイル]

問い合わせ・申請先

遠野市 健康福祉部 保健医療課 母子安心係 0198-68-3186