HPVワクチンのキャッチアップ接種について

 ヒトパピローマウイルス感染症を予防するワクチン(以下「HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)」と言います。)については、平成25年6月から続いた積極的な接種のお奨めの差し控え状態が令和3年11月に廃止されました。

 この間、積極的な接種のお奨めの差し控えにより接種機会を逃した方に対して、公平な接種機会を確保するため、令和4年4月1日から令和7年3月31日までの3年間、本来の定期接種の対象年齢を超えて、公費の助成により接種を行う「キャッチアップ接種」を実施します。

 遠野市に住民票のある対象者の方あてに、キャッチアップ接種に関するご案内を直接郵送していますので、同封の説明書等をご覧いただき、接種を希望される場合は、市指定医療機関で接種を受けてください。

 HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)に関する詳しい情報は、以下をご覧ください。

  • 遠野市ホームページ

  ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの定期予防接種について

  • 厚生労働省ホームページ

  ヒトパピローマウイルス感染症~子宮頸がんとHPVワクチン~(外部リンク)

  • キャッチアップ接種に関するリーフレット

  キャッチアップ接種リーフレット(令和4年3月厚生労働省作成).pdf [ 1323 KB pdfファイル]

接種実施期間

 令和4年4月1日から令和7年3月31日までの3年間

対象者

 接種日時点で遠野市に住民票があり、過去にHPVワクチン接種全3回を完了していない方

各年度ごとの接種対象者

  • 令和4年度(※1):平成9年4月2日から平成18年4月1日までの間に生まれた女子
  • 令和5年度(※2):平成9年4月2日から平成19年4月1日までの間に生まれた女子
  • 令和6年度(※3):平成9年4月2日から平成20年4月1日までの間に生まれた女子

 ※1、※2、※3 各年度ごとの接種実施期間は4月1日から翌3月31日までとなります。

対象ワクチン
  • 2価ワクチン:サーバリックス
  • 4価ワクチン:ガーダシル

 ※1)9価ワクチン(シルガード)はキャッチアップ接種の対象となりません。また、過去に9価ワクチンによる任意接種をされた方は、キャッチアップ接種の対象年齢であっても、キャッチアップ接種として残りの回数を受けることはできません。

 (参考)厚生労働省ホームページ(9価ヒトパピローマウイルスワクチンについて)

 ※2)過去に途中まで接種されていた方は、原則、同じワクチンを残りの回数接種することとなります。

 ※3)過去に途中まで接種されていた方で、どのワクチンを接種したか不明な場合は、医師と十分に相談の上で接種するワクチンを選択してください。

接種回数、間隔等

 接種回数:全3回

 ※過去に途中まで接種されていた方は、残りの回数を「2、3回目」または「3回目」として下記接種スケジュールで接種してください。

 接種スケジュール

ワクチンの種類 標準的な接種スケジュール
サーバリックス(2価ワクチン)

1回目接種から1か月後に2回目を接種

1回目接種から6か月後に3回目を接種

ガーダシル(4価ワクチン)

1回目接種から2か月後に2回目を接種

1回目接種から6か月後に3回目を接種

接種費用

 無料

 ※キャッチアップ接種実施期間中に対象者が規定の接種スケジュール(接種間隔)・回数で接種する場合

接種場所

 遠野市が指定する市内の医療機関で接種することができます。

 市内指定医療機関一覧のほか予防接種を受ける時の注意等は、「ヒトパピローマウイルス(HPV)感染症予防接種【キャッチアップ接種】説明書.pdf [ 516 KB pdfファイル]」をご覧ください。