1.  定期接種対象者 (接種費用の助成対象者)      

  遠野市内に住民登録がある次の①又は②のいずれかに該当する方のうち、23価肺炎球菌ワクチンを初めて接種する方 

 ① 令和3年度に下記の年齢になる方

    65歳:昭和31年4月2日~昭和32年4月1日

    70歳:昭和26年4月2日~昭和27年4月1日

    75歳:昭和21年4月2日~昭和22年4月1日

    80歳:昭和16年4月2日~昭和17年4月1日

    85歳:昭和11年4月2日~昭和12年4月1日

    90歳:昭和6年4月2日~昭和7年4月1日

    95歳:大正15年4月2日~昭和2年4月1日

  100歳:大正10年4月2日~大正11年4月1日生れ

※ 経過措置について
 平成26年度から実施の経過措置は平成30年度に終了し、令和元年度からは65歳の方のみが対象となる予定でしたが、平成31年3月に予防接種法が改正され、令和5年度までの5年間引き続き経過措置が実施されることとなりました。
 
 

 ② 60歳以上64歳以下(昭和32年4月2日~昭和37年4月1日生まれ)の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害や、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害がある方

 ※過去に23価肺炎球菌ワクチンを接種したことがある方は、接種費用の助成対象となりませ 。

 詳しくは、令和3年度「高齢者の肺炎球菌感染症予防接種」のお知らせ] をご覧ください。   

 2.   助成額

   5,000円(初回接種の方/1回限り)

 3.   自己負担額

 「医療機関の定める接種料金」から、「助成額5,000円」を差し引いた額(自己負担額)を医療機関にお支払いください。
 接種料金は医療機関によって異なりますので、実施医療機関にお問い合わせください。

 4. 助成(接種)期間

  令和3年6月1日から令和4年3月31日まで     

 5.    指定医療機関 

 下記の添付ファイルをご覧ください。

  令和3年度遠野市高齢者の肺炎球菌感染症予防接種指定医療機関一覧表 

 6.  指定医療機関以外で接種する場合  

 入院や施設入所等のため指定医療機関以外で接種し 、市の助成を受ける場合は、接種前に申請手続きが必要です。接種予定日の10日前までに「予診票・印鑑」を持参の上、遠野健康福祉の里又は宮守総合支所で申請手続きをしてください。申請書は下記よりダウンロードできます。

  広域的な予防接種申出書