飼い主のいない猫は市内各地でみられ、糞尿被害等の近隣住民とのトラブル等、屋外での猫の苦情等が寄せられております。

 しかしながら、猫には法律や登録制度などがなく、室内で飼養することが義務付けられていません。よって屋外にいる猫でも、飼い猫か、そうでないかの判断ができず、対策が困難になっております。

 

 このような問題に対して、TNR活動を実施することが有効と考えます。この活動において、「公益財団法人どうぶつ基金」が実施しているのが「さくらねこ無料不妊手術事業」です。

 

 遠野市環境課では「さくらねこ無料不妊手術事業」の受付をしております。

さくらねこ無料不妊手術事業とは

 飼い主のいない猫に対し「さくらねこTNR(Trap/捕獲し、Neuter/不妊去勢手術を行い、Return/元の場所に戻す、その印として耳先を桜の花びらのようにV字カットする)」を実施することで、繁殖を防止し、「地域の猫」「さくらねこ」として一代限りの命を全うさせ、飼い主のいない猫にかかわる苦情や、殺処分の減少に寄与する活動です。

 

 

※原則飼い猫への使用はできません。

 

詳しい内容については、下記リンクよりご覧ください。

広域財団法人どうぶつ基金