◆『新編遠野市史』◆

 『新編遠野市史 現代編』

 『新編遠野市史』の第1弾となる「現代編」です。
 昭和40年代から平成の終わりまでの約50年間の歩みをまとめました。
 高度経済成長、情報化、人口減少といった社会の動き、市村合併や東日本大震災などの大きな出来事、その中で人々が取り組んできた活動の様子を描いています。
 また、「サッカー物語」「なぜ遠野と言えば河童なのか?」といったコラムのほか、遠野市出身の芥川賞受賞作家・若竹千佐子さんによる特別エッセイ「遠野へ」も掲載した、読みごたえたっぷりの1冊です。

 A5判 496ページ オールカラー  定価 3,000円(税込)

  遠野市史現代編 刊行チラシ_表.pdf [1376KB pdfファイル] 

 

 ◆遠野市史叢書◆

遠野市史叢書とは?

 『遠野市史叢書(そうしょ)』は、平成27年度から行っている遠野市史編さん事業により調査が進んだ資料の中から、歴史研究の参考となる資料などをより早くお届けするものです。

 『遠野市史叢書 遠野南部家御用留書 天保年間』(販売終了)

  遠野南部家は近世において、盛岡藩の重臣で遠野一万二千石の領主でした。
 『遠野南部家御用留書(ごようとめがき)』は、天保3年(1832)から明治2年(1869)にかけて、遠野南部家の盛岡屋敷において記録された公用日誌です。
 日々の政務や藩政の動向はもちろん、婚姻・離縁・見舞・葬儀などといった藩士同士の交際の様子や年中行事などが記録されています。
 今回、全32冊の中から天保年間の6冊を翻刻し、刊行しました。

  A5判 416ページ 定価 2,000円(税込) 平成30年3月発行

 『遠野市史叢書 遠野南部家御用留書 天保年間』パンフレット [1718KB pdfファイル]