「社会資本整備総合交付金」は、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を活かせる総合的な交付金として平成22年度に創設されました。 

 地方公共団体が行う社会資本の整備その他の取組を支援することにより、交通の安全の確保とその円滑化、経済基盤の強化、生活環境の保全、都市環境の改善及び国土の保全と開発並びに住生活の安定の確保及び向上を図る事を目的としています。

社会資本整備総合交付金事業(下水道)

1.平成27年度から平成31年度までの整備計画を策定しました。 

 ・防災・安全社会資本整備計画(下水道).pdf [8089KB pdfファイル] 

2.平成22年度から平成26年度までに実施した社会資本整備総合整備計画の期間が終了しましたので、

  事後評価を実施しました。その結果を公表します。

 ・社会資本整備計画(下水道)_事後評価 [970KB pdfファイル]  

 ・防災・安全社会資本整備計画(下水道)_事後評価 [998KB pdfファイル] 

3.平成27年度に実施した社会資本整備総合整備計画の期間が終了しましたので、

  事後評価を実施しました。その結果を公表します。

 ・社会資本整備計画(下水道)_事後評価 [174KB pdfファイル]