介護保険料の納め方と納める時期

介護保険料の納め方は受給している年金(※)の額によって二通りに分かれます。

※受給している年金とは、老齢(退職)年金・遺族年金・障害年金をいいます。老齢福祉年金は対象となりません。

 65歳以上の方の保険料の納め方と納める時期

 (1) 年金が年額18万円以上の方

 保険料の年額が、年金の支払い月の 年6回に分けて天引きになります。【特別徴収】

年6回(年金の支払い月)
4月 6月 8月 10月 12月 2月

 

 ◇年度途中で65歳に到達した場合は、原則として特別徴収の対象者として把握される月

   (年額18万円以上の方で65歳に到達した月)の6ヶ月~12ヶ月後から天引きとなる

   め、それまでの間は、遠野市から送られる「納付書(介護保険料納付書兼納付済通

   )」により、取扱い金融機関で納めていただきます。【普通徴収】

 

   ◇年金からの天引きが開始される前に【特別徴収開始通知書「納入通知書(介護保険料額

  決定通知書)兼特別徴収開始知書」】により特別徴収が開始される時期及び天引きされ

  る保険料の額等について連絡させていただきます。

 

 その他、特別徴収】の方でも、一時的に納付書で納める場合があります。

  ・年度途中で保険料が増額になった場合 → 増額分を納付書で納めます。

    ・年度途中で老齢(退職)年金・遺族年金・障害年金の受給が始まった場合

  ・年度途中で他の市区町村から転入した場合

  ・保険料が減額になった場合

  ・年金が一時差止めになった場合 など

   

特別徴収】における「仮徴収」及び「介護保険料特別徴収(年金天引き)額の平準化」について

 年金天引きで保険料を納めていただく【特別徴収】は、毎年4月1日を賦課期日として前年の所得に応じて決定される保険料(年額)を出来るだけ、均等な額で年6回の年金支給時に天引きするように「平準化」を行っています。

 詳しくはこちらをご覧ください。 → 介護保険料特別徴収(年金天引き)額の平準化 [162KB pdf]   

(2)年金が年額18万円未満の方

 遠野市から送られる「納付書(介護保険料納付書兼納付済通知書)」により、取扱い金融機関で納めていただきます。【普通徴収】

普通徴収の方は、介護保険料の口座振替をお勧めします。

(手続き)

① 介護保険料の納付書、通帳、印鑑(通帳届出印)を用意します。

② 取り扱い金融機関で「口座振替依頼書」に必要事項を記入し、申し込みます。

 ※ 口座振替の開始は、通常、申し込み日の翌月からになります。

 ※ 口座振替にされた方は、口座の残高をご確認ください。

 ※ 残高不足で引き落としにできない場合は、納付書で納めていただくことになりますのでご注意ください。

 

40歳~64歳の方の保険料の決まり方等

 40歳~64歳の方(第2号被保険者)の保険料は、加入されている医療保険の算定方式を基本として決まります。

 (1) 遠野市の国民健康保険に加入している方

  ◇保険料の決まり方 

    詳しくはこちらをごらんください。→ 国民健康保険税の税額計算

  ◇保険料の納め方

    同じ世帯の第2号被保険者全員の医療分・後期高齢者支援分と介護分を合わせて、納めて

   いただきます。

 (2) 職場の健康保険に加入している方

  ◇保険料の決まり方

    健康保険組合、共済組合など、加入している医療保険の算定方式に基づいて決まります。

  ◇保険料の納め方

    医療分、後期高齢者支援分と介護分を合わせて、給与から差し引かれます。

    ※40歳~64歳の被保険者(夫婦など)は個別に保険料を納める必要はありません。

 

 

お問い合わせ
◎遠野健康福祉の里/健康長寿課   TEL 62-5111(代表)
◎宮守総合支所   TEL 67-2111(代表)