税額の計算 

国民健康保険税の計算方法は、次のとおりです。

■医療給付費分…被保険者全員分について計算

 ア 所得割額…{前年の総所得金額等-基礎控除額(33万円)}× 7.2%

 イ 均等割額…被保険者数× 19,400円

 ウ 平等割額…1世帯あたり 20,400円

 ア+イ+ウ=医療給付費分…(A)

 ※ただし、年税額が限度額(61万円)を超えた場合は、61万円となります。

■後期高齢者支援金分…被保険者全員分について計算

 エ 所得割額…{前年の総所得金額等-基礎控除額(33万円)}× 1.5%

 オ 均等割額…被保険者数× 6,500円

 カ 平等割額…1世帯あたり 4,000円

 エ+オ+カ=後期高齢者支援金分…(B)

 ※ただし、年税額が限度額(19万円)を超えた場合は、19万円となります。

■介護納付金分…介護第2号被保険者(40歳以上64歳までの方)について計算

 キ 所得割額…{前年の総所得金額等-基礎控除額(33万円)}× 1.8%

 ク 均等割額…被保険者数× 7,000円

 ケ 平等割額…1世帯あたり 7,200円

 キ+ク+ケ=介護納付金分…(C)

 ※ただし、年税額が限度額(16万円)を超えた場合は、16万円となります。

■医療給付費分(A)+後期高齢者支援金分(B)+介護納付金分(C)=国民健康保険税額

 

税額の計算例

 

【例えば世帯主と妻、子の3人が国民健康保険に加入している場合】

世帯員(3人) 年齢 区分 収入金額 所得金額
世帯主 70歳 年金 2,000,000円 800,000円
67歳 年金 900,000円 0円
42歳 給与 3,000,000円 1,920,000円

1 「医療給付費分」の計算

◆ 所得割額           所得金額  基礎控除額  税率

       世帯主 課税対象額(800,000円-330,000)×7.2%=33,840

        妻  課税対象額0円×7.2%=0

        子  課税対象額(1,920,000円-330,000)×7.2%=114,480

    所得割額 33,840円+114,480円=148,320 ……①

◆ 均等割額 3人×19,400円=58,200 ……②

◆ 平等割額 1世帯×20,400円=20,400 ……③

◆ ①+②+③=226,920円≒226,900100円未満切捨て)……

2 同様に「後期高齢者支援金分」と「介護納付金分」を計算します。

3 A+B+C=国民健康保険税額となります。

 

税額の試算

 国民健康保険税の試算をご希望の方は、税務課課税係までお問い合わせください。その際、以下の資料が必要となります。

  • 加入者全員の氏名
  • 収入がある方全員の『確定申告書』の控または源泉徴収票等、収入または所得金額の分かる書類
  • 本人確認のできる書類(免許証など)

※試算段階でお伝えする税額は、概算です。正式な税額は、後日通知いたします。

※お電話にて照会いただく場合は、収入に関する資料を必ずご用意ください。

 

所得割額計算の注意事項

○分離課税にかかる長期・短期の譲渡所得は、課税所得金額に含まれます。

○確定申告をすることを選択した株式等にかかる譲渡所得は、課税所得金額に含まれます。

○譲渡所得は、特別控除の適用があります。

○退職所得は、課税対象ではありません。

○免税牛(肉用牛)を売却した場合の所得は、国民健康保険税においては免除されず、課税対象所得になります。

 

納税通知書の見方

 納税通知書の見方については、以下をご覧ください。

  • 期別の金額や、納期限を見たいとき・・・1枚目

   納税通知書の見方(1枚目).pdf [148KB pdfファイル]    

  • 計算の明細を見たいとき・・・・・・・・4枚目

   納税通知書の見方(4枚目).pdf [188KB pdfファイル] 

 

 

お問い合わせ 総務企画部税務課 課税係 ☎(代表)0198-62-2111 内線132・133