1 保険料の負担割合

  40歳以上のみなさんが納める介護保険料は、国や自治体の負担金などとともに、介護保険を運

 営するための大切な財源となります。負担割合は、65歳以上の方と40歳から64歳の方の人口比率

 をもと決められます。65歳以上の方の人口が増加しているなか、両者の1人あたりの保険料の

 均衡を図るめに3年に1度見直されます。

  現在の負担割合は、遠野市で必要な介護サービス総費用に対して65歳以上の方(第1号被保険

 者)23%40歳から64歳方(第2号被保険者)が27%公費(税金)が50%となっていま

 す。

2 65歳以上の方の保険料の額の決め方

  65歳の方の保険料は、遠野市の介護サービス費用がまかなえるよう算出された「基準額」をも

 とに定します。

 ◇基準額の決まり方

  遠野市で必要な介護サービス総費用 × 65歳以上の方の負担分23% 

  ÷ 遠野市に住む65歳以上の方の人数 = 基準額(年額)

  ここで算出された「基準額」をもとに、所得に応じた負担になるように、9段階の保険料に分か

 れます。

  3 遠野市の介護保険料

  遠野市の平成30年度から平成32年度の保険料の基準額は 65,100円(年額)です。

  この「基準額」をもとに、所得に応じた負担になるように、9段階の保険料に分かれます。

所得段階

対象となる方

調整率

保険料(年額)

第1段階

●生活保護受給者の方

●老齢福祉年金(※1)受給者で、世帯全員が市民税非課税の方

●世帯全員が市民税非課税で、本人の年金収入と合計所得金額(※2)が80万円以下の方

基準額×0.45

29,200円

第2段階

世帯全員が市民税非課税で、合計所得金額が120万円以下、かつ第1段階に該当しない方

基準額×0.75

48,800円

第3段階

世帯全員が市民税非課税で、第1段階及び第2段階に該当しない方

基準額×0.75

48,800

第4段階

世帯の誰かに市民税が課税されているが本人は市民税非課税で、本人の課税年金収入額と合計所得金額が80万円以下の方

基準額×0.90

58,500円

第5段階

世帯の誰かに市民税が課税されているが本人は市民税非課税で、第4段階に該当しない方

基準額×1.00

65,100円

第6段階

本人が市民税課税で、合計所得金額が120万円未満の方

基準額×1.20

78,100円

第7段階

本人が市民税課税で、合計所得金額が120万円以上200万円未満の方

基準額×1.30

84,600円

第8段階

本人が市民税課税で、合計所得金額が200万円以上300万円未満の方

基準額×1.50

97,600円

第9段階

本人が市民税課税で、合計所得金額が300万円以上の方

基準額×1.70

110,600円

※1 老齢福祉年金 明治44年(1911年)4月1日以前に生まれた方、または大正5年(1916年)4月1日以前に生ま

 た方で一定の要件を満たしている方が受けている年金です。

※2 「所得」とは、実際の「収入」から「必要経費の相当額」を差し引いた額です。

 

お問い合わせ
◎遠野健康福祉の里/健康長寿課   TEL 62-5111(代表)
◎宮守総合支所   TEL 67-2111(代表)