平成30年7月以降、公的な予防接種を受ける機会がなかった40代~50代の男性を中心に風しんの患者数が増加しています。
 風しん抗体の保有率が特に低い昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性に対する抗体検査及び予防接種を、令和4
年3月31日までの間に限り段階的に実施します。


▶風しんについて
 風しんは、風しんウイルスの感染によって起こる急性熱性発疹症です。潜伏期間は2~3週間で、主な症状として発疹、発熱、リンパ節腫脹が認められます。症状は軽いといわれていますが、合併症が2~5千人に1人の頻度で発生する恐れがあり、軽視できない疾患です。大人が罹患すると、その症状は乳幼児に比べて一般的に重く、高熱が持続したり関節痛の頻度が高いと言われています。
 
 

▶先天性風しん症候群について
 妊娠20週頃までの妊婦が風しんウイルスに感染すると、胎児も感染し、難聴、先天性心疾患、白内障等の障がいを持った児が生まれる可能性があり、この障がいを”先天性風しん症候群”といいます。
 平成24~25年の風しん流行時には、45例の先天性風しん症候群の児が生まれています。

   

    風しんの追加的対策について(厚生労働省)〈外部リンク〉

    風しんの発生動向(国立感染症研究所)〈外部リンク〉

  

令和元年度のクーポン券送付対象者

 昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性
  

▶昭和37年4月2日~昭和47年4月1日生まれの男性でクーポン券の発行を希望する方は、「遠野市風しん抗体検査及び予防接種クーポン券交付申出書」を遠野市母子安心課へ提出してください。

    遠野市風しん抗体検査及び予防接種クーポン券交付申出書  

 

クーポン券の有効期限

  令和2年(2020年)3月31日まで


▶抗体検査・予防接種実施時には、必ずクーポン券を医療機関等に持参してください。
 
クーポン券がない場合、抗体検査・予防接種を受けることはできません。

 

実施方法

 先に抗体検査を実施し、検査の結果、抗体を十分に保有していない場合(風しんの第5期の定期接種の対象となる抗体価基準を満たしている場合)のみ、予防接種を1回実施します。

①抗体検査(無料)

▶先にクーポン券を使用して、抗体検査を受けて頂きます。採血して検査を行います。

▶検査の実施場所

 ① 事業所健診や遠野市が実施する特定健診の機会に受けられます。
   検査の実施について
  ・事業所健診の方 … 勤務先にご確認ください。

  ・遠野市特定健診 … 遠野市特定健診日程及び会場をご確認ください。

    2019年度遠野市特定健康診査日程
 

 ② 市内実施医療機関の他、全国の受託医療機関等で受けられます。

    遠野市内実施医療機関一覧  (R1.5.17現在) 
    
風しん抗体検査・風しん第5期定期接種受託医療機関(厚生労働省)〈外部リンク〉 

▶持ち物

 ① クーポン券(切り取らず、そのままお持ちください)
 ② 本人確認書類(運転免許証等の住民登録の住所が分かるもの)

②予防接種(無料)

▶抗体検査の結果、抗体を十分に保有していない場合(風しんの第5期の定期接種の対象となる抗体価基準を満たしている場合)はクーポン券を使用し、予防接種を受けられます。

    風しんの第5期の定期接種の対象となる抗体価基準 

 

▶予防接種の実施場所

  市内実施医療機関の他、全国の受託医療機関等で受けられます。

    遠野市内実施医療機関一覧  (R1.5.17現在) 
    
風しん抗体検査・風しん第5期定期接種受託医療機関(厚生労働省)〈外部リンク〉


▶持ち物

 ① クーポン券(切り取らず、そのままお持ちください)
 ② 本人確認書類(運転免許証等の住民登録の住所が分かるもの)
 ③ 抗体検査の結果が分かるもの