経営指標による分析の意義

 各公営企業において、経営及び施設の状況を表す経営指標を活用し、当該団体の経年比較や他公営企業との比較、複数の指標を組み合わせた分析を行うことにより、経営の現状及び課題を的確かつ簡明に把握することが可能となります。このようなことから、経営指標を「経営比較分析表」としてとりまとめ、今後の見通しや課題への対応に活用することは、大変大きな意義があると考えております。この「経営比較分析表」により各公営企業では、経営分析や「経営戦略」の策定を進める上で有益な情報が得られるほか、議会や住民に対する経営状況の説明にも活用できるものと考えております。

「経営比較分析表」を策定する対象事業

 ・水道事業(上水道事業(用水供給事業を含む。)及び簡易水道事業)

 ・下水道事業

平成29年度経営比較分析表

公表要領

 公表要領 [21KB docxファイル] 

経営指標の概要

 経営指標の概要 [187KB pdfファイル] 

経営比較分析表

 経営比較分析表 [71KB xlsxファイル]