水道管は、氷点下2℃以下になりますと、凍結や破裂の可能性が非常に高くなります。ふだん使用していない蛇口などは、特に注意が必要です。
 凍結して破損すると、所有者が修理費用を負担しなければなりません。
 寒さに備え、お客様自身が水道管にも防寒対策を行い、水道凍結のない快適な冬を過ごしましょう。
 
 詳しくは、次のチラシを参考にしてください。
 
 ○チラシ 寒さから水道管を守りましょう [656KB pdfファイル] 

 漏水を発見し1か月以内に修理をすると、漏水した水量分は料金として請求されませんが、次のようなケースは請求されます。発見したら直ちに修理してください。

 ★凍結が原因の漏水

 ★給湯器の故障による漏水や、給湯器以降の漏水

 ★蛇口やボールタップなど、目に見える箇所の漏水

 また、毎年冬期間になると、水抜き栓の操作誤りのために水道料金が高額になるケースが発生しています。
 説明書をよく読んで正しい方法で水抜きしてください。
 水抜き栓が固くて閉まりづらい場合も注意してください。