「交流すまいる給食」が行われました

 交流すまいる給食は、遠野市内で生産される新鮮で安心な食材をできるだけ多く給食に取り入れると共に、学校給食を通じて遠野ならではの「食」を伝えることを目的として行われております。また、生産者や関係者と楽しく共食しながら、郷土食の継承や市外・海外の食文化への理解にも繋がる機会となっています。

 ○第1回 交流すまいる給食   遠野中学校の様子.pdf [534KB pdfファイル]

  第1回目は、東京2020オリンピックパラリンピックの視覚障がい者5人制サッカーのブラジル代表の視察併せて遠野中学校で行われ、ブラジル料理でおもてなしをしました。

 

〇第2回 交流すまいる給食   遠野北小学校の様子.pdf [1210KB pdfファイル] 

 第2回目は、秋の恵み献立給食でした。市内の食材生産者さん、教育委員さん、給食調理員さん、栄養教諭さんらと給食を囲み、楽しい時間を過ごしました。