遠野市奨学資金貸与制度は、教育の機会均等の精神に基づき、向学心に燃える優秀な学生であって、経済的理由により修学が困難な方に対し、学資の貸与を行い、有能な人材を育成する制度です。

 遠野市奨学資金貸与条例.pdf [16KB pdfファイル]
 遠野市奨学資金貸与条例施行規則.pdf [73KB pdfファイル]

過去8年間の貸与実績


年度

申請者数

貸与決定者数

大学生等

高校生

大学生等

高校生

平成25 31 0 31 31 0 31
  26 28 0 28 28 0 28
  27 31 5 36 31 5 36
  28 23 4 27 23 4 27
  29 20 3 23 20 3 23
  30 25 1 26 25 1 26
令和元 28 31 27 31
  2 19 20 19 20

貸与申請から貸与期間満了までの流れ

1 申請

 あらかじめ指定する期日までに、申請書類を教育委員会事務局に提出してください。
 申請書類は、教育委員会事務局や市とぴあ庁舎窓口などに備え付けています。

2 書類審査

 毎年4月中旬に遠野市奨学生選考委員会を開催し、審議を行い、貸与推薦者を選考します。
 (選考委員会は、市内小中学校長2名、市内小中学校PTA代表2名、学識経験者3名で構成しています。)

3 貸与決定

 奨学生選考委員会において審議された結果をもとに、遠野市教育委員会が貸与者を決定します。
 結果は、5月上旬までに、貸与決定者・不採用者・推薦学校長あてに文書で通知します。

4 貸与開始

 指定する期日までに「口座振込送金願書」及び「在学学校長発行の在学証明書」を提出した方については、4月分及び5月分をまとめて、5月下旬に指定口座に振り込みます。
 それ以降は、毎月5日(週休日等の場合は翌営業日)が振込日となります。

5 貸与継続

 毎年度当初に、在学学校長が発行する成績証明書を提出していただき、奨学生の資格を満たしているかどうかを審査した上で、継続貸与手続をとります。
 ここで、資格を満たしていなかった場合は、正規の修学期間であっても、奨学資金の貸与を停止し、又は廃止することがあります。

6 貸与終了

 貸与期間が満了する方には、満了年度の2月頃に、今後の償還についてあらかじめ文書でお知らせします。

償還手続から償還完了までの流れ 

1 償還手続

 貸与期間が満了する年度の3月に、償還手続きに必要な書類を送付します。償還の方法について個別に面談を行った上で書類を提出いただきます。
 この内容に基づき償還計画表を作成され、償還が開始されますので、遅滞なく返還してください。

2 償還

 償還方法は、口座振替か納付書払いのいずれかを選択いただきます。

 

 口座振替は、毎月25日(休日・祝祭日の際は翌営業日)に引き落としとなりますので、振替不能等が発生しないよう残高確認をお願いします。

 納付書払いは、毎年4月中旬にその年度分の納付書をまとめて送付しますので、納付書記載の納入期限内に滞ることなく返還してください。

 奨学金返還支援補助金のお知らせ 

 なお、市内に住所を置き、市内事業所へ新規就業した場合、1月あたり12,000円を上限に奨学資金の償還に要する費用の半額を補助する制度があります。
 補助を受けるためにはその他所定の条件があります。詳しくは、下記ページをご確認ください。

 https://www.city.tono.iwate.jp/index.cfm/46,47221,294,605,html

3 各種届出

 償還期間中、以下の事項に該当する場合には必要に応じて書類の提出、教育委員会事務局へ連絡をしてください。

 (1) 本人の住所、姓の変更など届け出内容に変更が生じた場合

   異動届を提出してください。本人のほか、連帯保証人の連署・押印が必要です。

   異動届.pdf [39KB pdfファイル]

 (2) 償還方法の変更を希望する場合(納付書から口座振替、口座の変更など)

   教育委員会事務局へ連絡をしてください。

 (3) 償還計画の変更を希望する場合(毎月の償還額の見直し、繰上償還など)

   教育委員会事務局へ連絡をしてください。
   個別に相談をしながら、償還計画の変更に対応します。

4 償還完了  償還が完了した際には、文書でお知らせします。