遠野中継センターに搬入される事業系可燃ごみなどの処理手数料が、平成31年4月1日から有料となります。

 市内事業者・市民の皆様におかれましては、ごみ減量・分別に取り組まれますとともに、有料化に向けた準備をお願いします。

1 有料化の目的

 (1) 処理費用の応分負担

  ごみ排出量に応じた手数料の徴収により、費用負担の公平性を確保し、特に事業者については、廃棄物処理法上の排出者処理責任を原則にする。

 (2) 排出抑制と再生利用の推進

  事業者・市民が費用負担を軽減しようとする動機付けが生まれ、ごみ排出量の抑制と分別の促進を図る。

 (3) 財政負担の軽減

  市財政負担の軽減を図る。

 (4) 施設の延命化

  ごみ減量により、ごみ処理施設や最終処分場の延命化を図る。

2 有料化の内容

 (1) 事業系

  ・遠野中継センターに搬入する可燃ごみ 10㎏につき130円

  ・事前許可を受けた事業者が購入する、ごみ集積所可燃ごみ排出用の指定有料袋 1枚(30L)100円

  〔事業系可燃ごみ有料化に関する資料〕

   事業系ごみの減量と適正処理の手引き(パンフレット) 

   平成31年4月1日からの“事業ごみ”の出し方(集積所排出) 

 (2) 家庭系

  ・遠野中継センターに自ら搬入する可燃ごみ 10㎏につき130円