◆遠野市公共交通会議
 遠野市では、平成18年10月の道路運送法改正に合わせて、地域内公共交通について協議する機関として、市内の交通関係機関・団体、事業者、利用者の代表から構成される「遠野市公共交通会議」を設置しています。
 公共交通会議では、バス料金や路線の変更等について協議を行うこととなっており、この会議の同意を得なければ、国(運輸支局等)への申請等ができない制度となっています。
 
◆廃止路線における代替バス運行
 不採算等によりバス事業者が撤退したバス路線(廃止バス路線)において代替バスを運行する事業者に対し、補助金・負担金を支出して市民の生活路線維持に取り組んでいます。
※H28 補助金:早池峰バス㈱、遠野交通㈱ 負担金:住田町コミュニティバス(遠野八日町線分のみ)
 また、宮守町内においては、遠野市営バスの運行を民間事業者に委託し、バス路線の維持を図っています。 
 
◆デマンドバス(デマンド型乗合タクシー)の運行
 市営バス、小友町(綾織町の一部含む)と附馬牛町(松崎町の一部含む)の廃止バス路線において、デマンド方式(予約乗合型)によりバスを運行しています。
 それぞれのご利用方法については、下記のチラシをご覧ください。
  
 市営バス  
 
◆関係交通事業者等外部リンク
 
 ※早池峰バス㈱は、平成29年4月1日付で親会社である岩手県交通㈱に統合されました。
  この統合による路線・時刻表等の変更はありません。