構造改革特区の目的
我が国の経済活性化のためには、規制改革を行うことで、民間活力を最大限に引き出し、民業の需要を拡大させることが重要です。


 

構造改革特区の導入
地方公共団体や民間事業者等の自発的な立案により、地域の特性に応じた規制の特例を導入する特定の区域を設け、当該地域での構造改革を進めます。
下矢印
 
下矢印
特定地域における構造改革の成功事例を示すことで、全国的な規制改革への波及し、我が国全体の経済が活性化します。
 
地域特性が顕在化し、その特性に応じた産業の集積や新規産業の創出等により地域経済が活性化します。
ふるさと再生の2つの目標
「ぬくもり」と「もてなし」の心でつくる遠野ツーリズムの推進
下矢印
地域資源を活用し、都市との交流を拡大
「おもしろさ」と「やる気」を感じる新たな起業の促進
下矢印
地域に根ざした自発的な取り組みの広がりによる産業の活性化


 

実現する規制の特例措置
下矢印
下矢印
下矢印
下矢印
特例措置
酒税法の特例
(濁酒製造)
規制緩和
H17.9.1より全国展開
(企業の農業参入)
規制緩和
H17.9.1より全国展開
(五反歩要件緩和)
規制緩和
H17.4.1より全国展開
(消防法)