サッカー教室や記念試合など多彩な催しが行われ、市内外から参加した児童・生徒やサッカー愛好家ら300人は、人工芝グラウンドの駆け心地を確かめました。

国体開催を盛り上げる国体ダンスで開会。

 

市内の小学生8人がゴールに向かってシュートを放ち、同グラウンドのキックオフを祝いました。

サッカー教室は、元Jリーガーで組織する松田直樹メモリアル(安永聡太郎代表)のメンバーが講師を務め、

市内と沿岸被災地などから招待した小学生らが、基礎練習やミニゲームを通じてプロの技術を学びました。

   

  

 ⇐AED講習会も行われました

また、東北中総体でベスト4の遠野中サッカー部と松田直樹メモリアルが記念試合を行ったほか、年代別の市民交流試合も開催。

 

参加者は新しいグラウンドで思う存分プレーし、国体開催への期待を高めました。

ヴァレンテとおのサッカースポ少の菊池哉斗君(遠野北小6年)は「新しいグラウンドを大切に使い、サッカーの技術をもっと磨いていきたいです」と決意。

本田市長は「市民の思いや夢が詰まったグラウンドから、世界に羽ばたく選手が生まれてほしい」と願いました。