佐々木さんの父親の出身地である遠野で、避難生活を送る人を励まそうと、佐々木さんほか4人の

プロの演奏者で構成されるバンドが企画。佐々木さんは震災後、およそ100カ所以上でチャリティー

コンサートを開催し、収益を寄附しながら復興を支援しています。

メンバーはジャズ風にアレンジした「赤とんぼ」など4曲を、復興へ願いを込めて演奏しました。

仙台に活動の拠点を置く佐々木さんは「遠野は幼いころたびたび訪れた大切な場所。このまちに

暮らす被災者に、音楽を通じて少しでも元気になってもらいたい」と願いを込めました。

大槌町出身で、松崎町の促進住宅に暮らす藤枝国昭さん(74)は「ゆるやかに奏でられる音楽に心

が安らぎました。バンドを楽しんでいた若いころも思い出されて、とてもいい気分です」と元気

をもらえたようでした。 

  

左から)佐々木優花さん(フルート)、井上智さん(ギター)、吉田豊さん(バス)  

  

左から)高橋幹夫さん(ドラム)、遠藤征志さん(ピアノ)

3月11日にはあえりあ遠野でチャリティーコンサートを開催。収益は復興支援のために寄贈されました。