食育と地産地消の推進を目的に、学校給食に野菜などを提供している菊池京一さん(青笹町)の協力を得て実施。

11日には、青笹町糠前地区にある畑で収穫体験を行い、約300㌔を収穫しました。

 

 

自分たちで種をまいたニンジンの見事な成長ぶりに、児童たちはにっこり。

12日には、遠野市食生活改善推進員を講師に、同校でそのニンジンを使ったゼリー作りにも挑戦しました。

 

  

試食会は同日、菊池さんらを招き給食時間に合わせて開催。

この日は、給食で同じニンジンを使用したスープも振る舞われ、児童は自ら汗を流して収穫した格別な味を堪能しました。

  おいしそうに試食する児童ら

谷地桃茄(やち・ももか)ちゃん=3年=は「自分たちで収穫したニンジンは、いつも食べているものよりおいしく感じた。農家の人に感謝して、残さず給食を食べるようにしたいです」と笑顔で味わっていました。