シュートの指導をする三浦さん㊧。真剣にシュート練習をする児童たち

被災地の児童たちとサッカーをすることで復興を支援しようととおのスポーツクラブが初めて

企画。講師はJ1コンサドーレ札幌などで監督を務め、現在サッカー解説者として活躍する

三浦俊也さん。三浦さんはパスやシュートなどの基礎練習でしっかりボールを見て蹴ることな

どを分かりやすくアドバイスし、児童たちも真剣に練習に取り組みました。このほか1対1の実践的

な練習や5対5のミニゲーム、交流試合などで児童たちは交流を深めていました。

三浦さんは「未来を担う子どもたちはまちの宝。このようなサッカー教室などで子どもたちと

触れ合い、復興支援に携わりたい」と願いを込めました。ヴァレンテ遠野に所属する菅田裕斗君は

「ミニゲームでは他のチームの選手と協力してゴールを決めることができました。新しい仲間とも

仲良くなれて良かったです」とサッカーを楽しんでいました。

 1対1の練習には三浦さんも参加

 ミニゲームで交流を深める児童たち