あいさつする本田市長(左)と柳田さん

「とおの昔話の館」のリニューアルオープン式は4月27日、同所で開催され、地域住民や関係者らはくす玉割り

や神楽、スクールバンド演奏などで新たな観光拠点の門出を祝いました。

セレモニーで本田敏秋市長は「遠野の歴史を発信し続けた旧昔話村の再出発の日。これからも地域の魅力と文化

を発信すると共に、人と地域の絆を深める施設としたい」と願いを込めてあいさつ。柳田國男の長男の妻、柳田

冨美子さんは「何度来ても楽しめる施設。遠野の発展の拠点になることを願います」と待望の観光拠点に期待を

寄せました。くす玉割りには遠野の未来を担う子どもたちも加わり、参加者はくす玉割りと同時に風船を空に放ち、

館の発展を祈りました。

★施設概要★

◆開館時間 9~17時

◆入館料 大人500円 高校生以下200円

◆休館日 毎年2月(施設点検のため数日間休館)

◆問い合わせ 市文化課 0198-62-2340

館内の詳細情報などはこちら→10-11P.pdf [977KB pdfファイル]

※以下にセレモニーの詳細や内覧会の模様を写真でご紹介します。

  

遠野高校吹奏楽部による演奏がオープン式をにぎわせました(左) 平倉神楽が勇壮な「権現舞」を披露 

  テープカット(左)と同時に、風船を空に放つ参加者

  影絵(左)や物語づくりコーナーを楽しむ園児ら

  昔話を聞くことができるコーナー(左)と柳田國男の研究の功績を学べる展示コーナー

  遠野の郷土芸能や語り部の昔話が楽しめる「遠野座」(左内部)。たくさんののぼりがお客様を出迎えます