参加した120人は、湖畔の清掃活動やごみ減量への願いを込めた川柳大会などを通じて環境保護に理解を深めました。

 遠野や花巻から多くの人が参加

遠野・花巻の両地域が協力し猿ヶ石川流域の環境美化に取り組みたいと初めて開催。

清掃活動は陸上班と水上班に分かれて行なわれ、2㌧トラックで約3台分のごみを回収しました。

 

  回収された大量のごみ!

ごみを拾った後は、それぞれの思いを川柳にしたため、その場で入賞作品を発表。

「こまったな 山の動物 かわいそう」と詠んで入賞した菅原みのりさん=遠野北小4年=は「ごみが予想以上にあったので、びっくりした。山の動物たちが気持ちよく暮らせるように、頑張ってごみを拾いました」とにっこり。

同実行委員長の小田島峰雄さんは「環境問題は広域で取り組まなければ意味がない。猿ヶ石川の上流と下流の地域が連携し、今後も活動を盛り上げていきたい」と決意を新たにしました。