生産者や関係者など80人は、山ぶどうワインの芳醇な味わいを堪能しました。

 出荷を喜ぶ関係者ら

市内30農家が収穫した山ぶどうは昨年より約1㌧少ない約9㌧。

葛巻町の葛巻高原食品加工㈱(社長・鈴木重雄町長)が醸造し、9000本が生産されました。

 「遠野山ぶどうワイン」(720㍉㍑、2,100円)

2012年産は伸びやかな酸味と上品な甘味が特徴。香りも爽やかで飲みやすく、女性にもお勧めです。

 味を確かめる生産者ら

生産農家の菊池栄喜さん(72)=小友町=は「今年は香りが豊かで2011年産以上においしい。丹精込めて山ぶどうを生産したかいがありました」と満面の笑み。

山口部会長は「昨年の山ぶどうは糖度が高く、より上品な味わいに仕上がった。たくさんの人に飲んでいただきたい」と力を込めました。

ワインは、市内の酒販店や観光施設などで好評販売中。

ぜひ、ご賞味ください!