木工工作や枝切り体験を通じて、森林資源の活用に理解を深めてもらおうと

市林業振興課が主催し、今年で6回目。遠野職業訓練校の生徒4人を講師に迎え、

鉛筆立て作りに挑戦しました。児童はのこぎりやサンドペーパーを使い土台を作製。

慣れない作業にも講師に教わったり、互いに木を切るのを手伝ったりして高さ10㌢

ほどの鉛筆立てを完成させました。

 

佐々木翔伍君は「物づくりには興味があるので楽しめました。次は小物入れなど

を作ってみたいです」と満足した様子でした。

※この事業は「いわて森林づくり県民税」を活用しています。