会議では規約、役員の選任、事業計画が承認され、加入した市内の自主防災組織85団体の代表者らは、組織間の連携の強化を誓いました。

初代会長には、吉田文一さん(松崎町第6区自治会長)が選出されました。

 決意を述べる吉田会長

吉田会長は「各自主防災組織の活動が活発になるよう、さまざまな活動を通じてバックアップしていきたい」と決意。

同会は今後、情報交換会や講習会などを実施し、自主防災組織の活動の充実や連携強化に努めます。

この日は、県総合防災室の高橋主夫自主防災組織育成強化推進員による講演も行われ、

参加者は自主防災組織の必要性や活動の方法などについて理解を深めました。