仕事納め式

 12月28日(水)は、遠野市役所各庁舎で仕事納め式が行われました。

 式に出席した本田市長からは、「3・11を境に市役所のあり方が問い直された年。市の歴史に残る1年。本庁舎を失いながらも職員には発災後直ちに動いてもらった。396人の職員がみんな頑張った。後方支援活動を通じて得た力を、地域づくりにつなぐ。仕事でもって市民の信頼と負託にこたえる」ことなどの訓示がされました。

(H23.12.28)

 

東北復興シンポジウム

 12月22日(木)にNPO法人アスクネイチャージャパン主催の第1回東北復興シンポジウムが、あえりあ遠野を会場に開催されました。

 パネルディスカッションでは、宗教学者の山折哲雄先生がコーディネータを務め、静岡県の川勝平太知事、大槌町の碇川豊町長をはじめ、本田市長や遠野文化研究センター赤坂憲雄所長らが登壇し、東北復興の道をテーマに議論を交わしました。

(H23.12.22)

東北復興シンポジウム 

記者懇談会

 12月20日(火)に記者懇談会を開催しました。

 発表された資料は、こちらでご覧いただけます。

(H23.12.20)

記者懇談会 

消防機械器具配置式

 12月20日(火)に、遠野消防署で消防機械器具配置式が行われ、本田市長が出席しました。

(H23.12.20)

消防機械器具配置式 

遠野ひまわり基金法律事務所に弁護士着任

 12月19日(月)に、遠野ひまわり基金法律事務所に着任された弁護士さんが本田市長に着任の報告のため、遠野市役所とぴあ庁舎を訪問しました。

(H23.12.19)

 ひまわり弁護士着任

マルチプル電子図鑑制作発表

 12月15日(木)に、マルチプル電子図鑑株式会社が遠野市役所本庁舎を拠点に防災マルチプル電子図鑑の制作に着手するとの発表会が行われました。

 制作発表には、本田市長のほか遠野商工会、地元情報関連事業所など関係者が駆け付けたほか、関西学院大学の学内ベンチャーでもあるため、関西学院大学の関係者も集まりました。

(H23.12.15)

 防災電子図鑑制作発表

聖光幼稚園クリスマス慰問

 12月 9日(金)に、かわいいサンタさんが市役所とぴあ庁舎を訪れました。

 市長室を訪れたのは、聖光幼稚園の園児のみなさんです。

 サンタさんから一足早いクリスマスプレゼントとして手作りのクリスマスツリーが本田市長に手渡されました。

 プレゼントのクリスマスツリーは、クリスマスまでとぴあ庁舎に飾っています。

(H23.12. 9)

聖光幼稚園クリスマス慰問 

大野ゴム工業株式会社遠野第2工場竣工式

 12月 7日(水)に大野ゴム工業株式会社遠野第2工場竣工式が行われ、本田市長が出席しました。

(H23.12. 7)

大野ゴム工業遠野第2工場竣工式 

市議会12月定例会

 12月 2日(金)から市議会12月定例会が開会しました。会期は、12月 9日(金)まで。

(H23.12. 2)

 

静岡県庁訪問

 11月28日(月)に本田市長は静岡県庁を訪問しました。

 静岡県は、東日本大震災で岩手県の支援を担当。被災地に近い遠野に活動拠点を置き、様々な支援活動を展開されました。

 静岡県庁では、川勝知事を表敬したほか、静岡県職員の皆さんに本田市長が後方支援活動などを紹介しました。

(H23.11.28)

静岡県庁訪問 

記者懇談会

 11月25日(金)に記者懇談会が開催されました。

 記者懇談会で発表された資料は、こちらでご覧いただけます。

(H23.11.25)

記者懇談会 

国際観光施設協会 東日本大震災創造的復興シンポジウム

 11月9日(水)にあえりあ遠野で開催された東日本大震災創造的復興シンポジウムは、国際観光施設協会主催によるシンポジウムで、会場には観光施設関係者や市内の観光関係など約100人が出席。基調講演で、本田市長が遠野市の後方支援活動の取り組みを紹介しました。

(H23.11. 9)

国際観光協会シンポジウム 

WHO(世界保健機構)神戸センター諮問委員会

 11月 8日(火)にWHO(世界保健機構)神戸センターで開催された諮問委員会に本田市長が出席し、遠野市の後方支援活動を紹介しました。

(H23.11. 8)

 

『一番搾りとれたてホップ生ビール』初飲み会in遠野

 11月 7日(月)にキリンビール『一番搾りとれたてホップ生ビール』初飲み会in遠野が開催されました。

 今年も遠野産ホップをふんだんに使った数量限定のとれたてホップが、キリンビールから11月 9日に発売されます。

 東日本大震災で大きな被害を受けたキリンビール仙台工場での生産再開の意味合いも込められています。

(H23.11. 7)

とれたてホップ初飲み会 

 
遠野市緑化祭 里山フェスタ

 11月 5日(日)に遠野市緑化祭「里山フェスタ2011」が催され、あいにくの雨の中、200人の方々が植樹や鳥の巣箱の設置を行いました。

(H23.11. 5)

遠野市緑化祭 

マニフェスト大賞「東日本大震災復興支援賞」受賞

 11月 4日(金)に六本木アカデミーヒルズで開催された第6回マニフェスト大賞授賞式に本田市長が出席。東日本大震災を受けて創設された復興支援賞を受賞しました。

 三陸地域大規模地震津波災害に備え、市民の皆様と共に、県や沿岸市町村、自衛隊などと訓練を重ねてきたことや、このたびの東日本大震災では被災地に寄り添い、心を一つに官民一体となった支援活動を展開したことで高い評価をいただきました。

(H23.11. 4)

 

遠野文化フォーラム

 11月 3日(木・祝)に遠野市民センター大ホールで遠野文化フォーラムが開催されました。

 遠野文化研究センターを設置し初めてのフォーラム開催で、会場には遠野文化研究センター赤坂憲雄所長はじめ、顧問の山折哲夫先生などにも駆け付けていただきました。

 また、第1回となる遠野文化賞、遠野文化奨励賞の受賞式も行われ、本田市長から記念の盾が贈呈されました。

(H23.11. 3)

遠野文化フォーラム 

岩手日報文化賞受賞

 第64 回岩手日報文化賞(岩手日報社主催)の社会部門を遠野市が受賞しました。

 3月11に発災の東日本大震災における後方支援活動を、官民一体で展開するなど市民総ぐるみによる社会貢献を高く評価されたことによります。

 11月 3日(木・祝)に行われた岩手日報文化賞贈呈式に遠野市を代表して本田市長が出席しました。

(H23.11. 3)

岩手日報文化賞 

大府市「遠野デー」

 10月28日(金)は、友好都市の愛知県大府市で、大府市と遠野市の文化の交流すう行事「遠野デー」が催されました。

「遠野デー」では、本田市長の講演のほか、両市の芸能が披露され、交流を深めました。

 また、翌29日(土)、39日(日)の大府市産業文化まつりでは、遠野のりんごや野菜の販売ブースを設けていただき、多くの来場された皆さんに喜んでいただきました。

(H23.10.28)

 大府市遠野デー

大府市遠野デー

大府市遠野デー

記者懇談会

 10月24日(月)に記者懇談会が開催されました。

 記者懇談会で発表された資料は、こちらでご覧いただけます。

(H23.10.24)

記者懇談会 

加守田章二陶房リニューアルオープン

 10月23日(日)に加守田章二陶房がリニューアルオープン。また、本日から遠野市立博物館では、加守田章二特別展が行われます。

(H23.10.23)

加守田章二陶房リニューアルオープン 

高規格救急車配置式

 10月21日(金)に、高規格救急車が配置されました。

(H23.10.21)

高規格救急車配置式高規格救急車配置式 

JOCAっぱハウス開所式

 遠野市を拠点に震災での支援活動を展開している青年海外協力協会の拠点施設が上郷町に開設されました。

 10月16日(日)の開所式には、関係者など約100人が集まり、本田市長も出席しました。

 民家を活用した施設は「JOCAっぱハウス」と名づけられ、玄関先に看板も設置されました。

 JOCAっぱハウス開所式の様子は、こちらでご覧いただけます。こちらでご覧いただけます。

(H23.10.16)

JOCAっぱハウス 

第36回遠野市産業まつり

 10月15日(土)から16日(日)まで、第36回遠野市産業まつりが蔵の道ひろばで開催されました。

 16日には、愛知県大府市からの寄附採納式がステージ上で行われたほか、で・くらす遠野市民1000人達成のセレモニーも行われました。

 で・くらす遠野ふるさと市民制度については、こちらでご覧いただけます。

(H23.10.16)

産業まつり

で・くらす遠野1000人達成 

地域安全運動出発式

 10月11日(火)に開催された地域安全運動出発式に本田市長が出席しました。

(H23.10.11)

地域安全運動 

衆議院厚生労働委員会来遠

 東日本大震災における後方支援活動の状況を視察するため、衆議院厚生労働委員会の皆様が来遠されました。

 遠野市役所本庁舎で本田市長が後方支援活動について説明し、活発な意見交換がされました。

(H23.10.11)

衆議院厚生労働委員会来遠 

シンポジウム

 10月 8日(土)に開催されました「シンポジウム 東日本大震災の記録とその活用 311まるごとアーカイブスの目指すもの」で、本田市長がパネルディスカッションに登壇しました。

「記録」と「記憶」をいかに後世に伝えていくのかが大切だと改めて確認し合うことができました。

 シンポジウムの様子は、こちらでご覧いただけます。こちらでご覧いただけます。

(H23.10. 8)

シンポジウム 

遠野テレビ開局10周年

 平成13年に開局した遠野テレビは、今年で開局10周年を迎えました。

 10月 7日(金)のレセプションでは感謝状贈呈式も行われたほか、ビデオで10年間を振り返りました。

(H23.10. 7)

遠野テレビ開局10周年 

遠野牛の生産及び販売の連携・協力に関する協定書調印式

 遠野市とエスフーズ株式会社、株式会社イトーヨーカ堂の三者が、遠野牛に係る繁殖、育成及び肥育までの一貫生産による牛肉の販売、牛肉等の商品開発、加工・製造及び販売に関する協定書の調印式を、岩手県公会堂で行いました。

 また、調印式に先立ち、岩手県達増知事に協定の報告を行いました。

 この協定を契機に、遠野生まれ遠野育ちとして、安心・安全な遠野牛を消費者の皆様にお届けできるよう進めて参ります。

株式会社イトーヨーカ堂 (報道資料

エスフーズ株式会社

(H23.10. 7)

遠野牛生産販売連携協力協定

遠野牛生産販売連携協力協定

遠野牛生産販売連携協力協定 

静岡県現地支援調整本部閉所式

 東日本大震災の発災後、3月から遠野市を拠点に支援活動を展開いただいた静岡県現地支援調整本部がその役割を終え、10月 5日(水)に閉所式を迎えました。

 静岡県からは大村副知事が来遠されての閉所式には、本田市長も出席。半年以上に渡る支援に感謝の意を表していました。

 静岡県の皆様 ご支援ありがとうございました。

(H23.10. 5)

静岡県現地支援調整本部閉所式 

宮守総合センターに感謝する会

 10月 5日(水)に行われた宮守総合センターに感謝する会に本田市長が出席しました。会場には、関係者など約100人が出席し別れを惜しみました。

(H23.10. 5)

市制施行6周年 

北東北病児保育室交流会

 10月 2日(日)に北東北病児保育室交流会が開催され、本田市長が出席しました。

 交流会には、病児保育に関わる医師や看護師、保育士など170名が参加し、本田市長が遠野市の後方支援活動について講演しました。

(H23.10. 2)

 

遠野市市制施行6周年

 市制施行から6周年を記念し、10月 1日(土)にあえりあ遠野で、遠野市市制施行6周年記念功労者表彰式を開催。市勢振興功労者表彰(3名)のほか、特別表彰(2名)、功労者表彰(61 名)、感謝状贈呈(17名)、職員(非常勤特別職)(2名)の表彰が行われました。

(H23.10. 1)

市制施行6周年