「遠野市バリアフリーマスタープラン」(案)に対する意見募集(パブリックコメント)について

 

「バリアフリーマスタープラン」とは

 マスタープランとは、市域全体のバリアフリー化に関する方針について明確にした上で、生活に関連する施設が集まっており、施設間の移動が徒歩で行われている地区を移動等円滑化促進地区として定め、一体的にバリアフリー化の方針を示すものです。

 障がい者や高齢者等が安心して生活することができ、自立した日常生活及び社会生活を確保するには、誰もが生活の中で利用する鉄道やバス、病院、店舗等及びその移動経路となる道路や通路などについて、一体的なバリアフリー化が図られていることが重要です。

 

「遠野市バリアフリーマスタープラン」の策定にあたって

 「遠野市バリアフリーマスタープラン」の策定にあたっては、市民の意見を反映することが重要です。そのため、行政機関だけでなく、障がい者や高齢者、関係機関の代表の皆さんにまち歩き点検やバリアフリーマスタープラン策定協議会へ参加いただきました。公共交通機関や建築物、道路、信号機等の「ハード的」なバリアフリー化だけでなく、案内などの「情報保障」、お互いに助け合う「心のバリアフリー」も含め、実際に歩いてみて、気づいた点を共有し、「遠野市バリアフリーマスタープラン」に反映しています。

 本市の中では、旅客施設や福祉施設等を中心に、高齢者や障がい者などが利用する施設が集まった地区として「中心市街地周辺」と「国体記念公園市民サッカー場周辺」の2地区を設定しました。

 

「遠野市バリアフリーマスタープラン」(案)に対する意見募集

 市では、これまで、法や条例に基づき、行政や事業者がそれぞれの道路や施設のバリアフリー整備を進めていますが、事業主体や対象が異なる施設間でのバリアフリーの一体感・連続性が図られていない側面が課題となっているとともに、交通政策基本法、障害者総合支援法、障害者差別解消法の施行等を受け、街づくり(ハード面)と福祉施策(ソフト面)が連携したバリアフリーの推進の必要性が高まっています。

 また、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されることを契機に、共生社会ホストタウンとして、ユニバーサルデザインのまちづくりを進め、障がいのあるなしに関わらず、お互いの個性を認め合い、安心していきいきと暮らせる共生社会を実現するため、バリアフリーのまちづくりに向けて積極的に取り組んでいく必要があります。

 この度、「遠野市バリアフリーマスタープラン」(案)を取りまとめましたので、市民の皆さんから広く意見を募集します。

遠野市バリアフリーマスタープラン(案) 

遠野市バリアフリーマスタープラン(案)概要版 

 

意見の募集

【応募資格】

市内に居住している、または通勤・通学をしている人

 

【募集期間】

令和2年1月14日(火)~令和2年1月31日(金)

 

【提出方法】

意見書または任意様式により、持参または郵送、FAX、電子メールで提出してください。

※任意様式の場合、住所、氏名、電話番号又はメールアドレスを記載してください。

意見書_様式 

 

【提出先】

遠野市 遠野市民センター パラリンピック推進室

〒028-0524 遠野市新町1番10号

電話:0198-62-4413(内228)

FAX:0198-62-0210

E-mail:para-tono@city.tono.iwate.jp