第44回市民の舞台遠野物語ファンタジー「天人子~まごころの贈り物~」リーフレット

 第44回市民の舞台「遠野物語ファンタジー」が2月23日(土)、24日(日)に遠野市民センター大ホールで開催されます。

 タイトルは、「天人子(てんにんこ)~まごころの贈り物~」。

 第9回で公演された「羽衣の詩~天人児より~」をモチーフに、2幕13場により公演されます。

 遠野物語ファンタジーは、「遠野に伝わる物語」が脚本の基本であり、市内のいずれかの地区にテーマを求め舞台が出来上がっていきます。本公演は、第9回と同じく青笹町が物語の舞台となっており、今回の舞台では、郷土芸能や裏方まで、青笹町の方々が多く関わっています。

 また、市内の中学生・高校生や社会人で構成される「遠野物語ファンタジーミュージックアンサンブル」による生演奏や公設バレエスタジオの皆さんによるバレエも見どころです。

 舞台で演じる者はもちろんのこと、大道具や小道具、衣装や美術など全ての裏方、市民約300名で創りあげられ「春を呼ぶ舞台」と言われる『市民の舞台』を、ぜひ会場で見てみませんか?

 現在、プレイガイド(以下参照)でチケットを好評販売中です。

 詳しくは、遠野物語ファンタジー事務局(電話:0198-62-6191)までお問い合わせください。

 

公演日程

 平成31年2月23日(土)開場:午後5時30分/開演:午後6時30分

 平成31年2月24日(日)開場:午前9時30分/開演:午前10時30分

             開場:午後1時30分/開演:午後2時30分

 全3回公演、会場はいずれも遠野市民センター大ホール

入場料・プレイガイド

 【一般】前売:1,300円/当日:1,500円

 【高校生以下】前売:600円/当日:800円

 【プレイガイド】

  ■チケットぴあ https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1857986&rlsCd=001

   (Pコードは491-253)

  ■遠野ショッピングセンターとぴあ(遠野市新穀町1-11)

  ■遠野風の丘(遠野市綾織町新里8-2-1)

  ■めがね橋直売所(遠野市宮守町下宮守30-37-1 道の駅みやもり内)

  ■みやもりホール(遠野市宮守町下宮守32-133-1)

  ■市内各地区センター(各地区センターへのページはこちらをご覧ください)

  ■遠野市民センター(遠野市新町1-10)

あらすじ

 六角牛(ろっこうし)山の麓、青笹村にある巫女石池(みこいしいけ)は神聖な場所とされていた。

 そこへ天人子・青華(せいか)が天より降りてくるが、大切な羽衣をなくしてしまう。

 村の掟を破って巫女石池にやってきた惣助(そうすけ)が羽衣を持ち帰ってしまったのだ。

 天へ帰るため懸命な青華、その姿に心揺れる惣助は…

お知らせ

■公演を観てみたいけど、小さい子どもがいるし…というお客様は、2月24日(日)の公演において開設している「無料託児所」をご利用ください。乳幼児から就学前のお子様をお預かりいたします。利用を希望する方は、遠野物語ファンタジー事務局(電話0198-62-6191)までお問い合わせください。

■遠野物語ファンタジーの公演に向けての準備の様子や、裏話などは、遠野物語ファンタジーfacebookページ(https://www.facebook.com/tonomonogatarifantasy/)で随時お知らせしています。こちらもご覧ください。