ふるさと納税の健全な発展を目指す自治体連合(後援:総務省)が提唱する「ふるさと納税月間」が8月と11月に定められています。
 
【ふるさと納税月間設定の目的】 
ふるさと納税の意義を広く国民に伝え、制度利用の裾野を一層広げるため、8月を「ふるさと納税普及啓発月間」と定め、ふるさと納税自治体連合の参加自治体が協力して、制度の理念や趣旨についての啓発活動を集中的に実施し、11月を「ふるさと納税利用促進月間」とし、広く制度の利用を呼びかけることにより、新たな利用者の拡大を図ることを目的とする。 
 

 遠野市はこれまでも総務省が定めるふるさと納税運用ルールの下、健全なふるさと納税の運用を行ってきました。

 令和5年度10月から施行される新ルールにおいても、健全な運用を目指し、さらに多くの方々に遠野市を知っていただくべく、当事業を推進していきます。

 この機会にぜひ、ふるさと納税の活用を検討してみてください!
 
 ※クリックで拡大できます。
 
  

 

 

●遠野市ふるさと納税サイトはこちら