厚生労働省では、生産性向上のための設備投資等を行い、事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)を引き上げた中小企業事業主に対し、設備投資等の費用の一部を助成する支援を行っています。
 今般、新型コロナウイルス感染症の影響または原材料費の高騰など社会的・経済的環境の変化等外的要因により、特に状況が厳しい中小企業・小規模事業者に対して、9月1日から助成率を引き上げるとともに、要件緩和・拡充が図られました。
 制度の概要や具体的な申請手続については、厚生労働省の業務改善助成金
のページをご覧ください。