新型コロナウイルス対策で活用できる県の支援制度

ものづくり企業競争力強化緊急支援事業

●補助金の対象者 

 新型コロナウイルス感染症の影響を受けているものづくり事業者(ものづくり基盤技術振興基本法第2条第2項)(注)で、次の2つを満たす者とします。
 1. 県内に事業所を有する者
 2. 資本金の額が10億円未満である者

(注)対象業種は加工組立型のものづくり産業、工業製品の設計・製造・修理に係る業種、IT・ソフトウェア業等

 

●事業の内容

 [対象事業]

 補助金の交付決定を受けた者が自社の競争力を強化するために主体的に実施する事業で、次のいずれかに該当するもの
 ① 製品や強み技術の開発・改良
 ② 生産・製造技術の効率化・高度化
 ③ その他、自社の競争力強化に資するもの

(注)事業は、ソフト事業(競争力強化に繋がる取組そのもの)に対する支援を行うものであり、設備投資は対象になりません。また、事業内容の全部又は大部分を他に外注又は委託する事業も対象としません。


 [補助率等]

 補助対象経費の2分の1以内(上限 300万円)
 

[応募期間]

 令和2年7月27日(月曜)~8月26日(水曜)17時00分

 

 ●補助金の応募その他詳細については、岩手県のページをご覧ください。