岩手県知事選挙

岩手県知事選挙は次の日程で行われます。

●告示日  令和元年8月22(木曜日)        

●選挙期日 令和元年9月8日(日曜日)

●投票時間 午前7時から午後6時まで

投票できる方

遠野市の選挙人名簿に登録されている方

【登録要件】

①日本国籍のある方

②年齢:平成13年9月9日以前に出生した方(令和元年9月8日現在で満18歳以上)

③住所:令和元年5月21日以前に住民票が作成された方(基準日である令和元年8月21日時点において、遠野市に住民票が作成された日から引き続き3ヶ月以上住民登録されている方) 

 令和元年6月1日以前に住民票が作成された方(定時登録の基準日である令和元年9月1日時点において、遠野市に住民票が作成された日から引き続き3か月以上住民登録されている方)

投票方法

1 期日前投票及び不在者投票:候補者1名の氏名を記入して投票する自書式

2 当日投票:投票用紙に印刷された候補者の氏名に○印をつけて投票する記号式

投票場所

 遠野市の投票区は36箇所です。投票所一覧表は次のファイルでご確認ください。↓

 投票所一覧表.pdf [110KB pdfファイル] 

投票場所は入場券に印字されていますので、ご確認ください。

 

◆最近、住所を異動した方は、投票場所が異なりますのでご注意ください!!

①令和元年6月2日以降に遠野市に転入の届出をした方は、前の住所地で投票となります。

②令和元年8月3日以降に市内転居の届出をした方は、転居前の住所の投票所で投票となります。

期日前投票

仕事や旅行、冠婚葬祭などで投票日当日に投票できない人は、選挙期日前に投票することができます。

 

◆期日前投票の方法

投票所入場券の裏面が「期日前投票宣誓書」になっています。「期日前投票宣誓書」にあらかじめ必要事項を記入して持参されることをおすすめします。

※投票所入場券をお持ちにならなかった場合でも、期日前投票所にある期日前投票宣誓書にご記入いただくことで、投票をすることができます。

 

◆期日前投票の場所及び実施期間

場 所 期 間
遠野市役所本庁舎多目的市民ホール

8月23日(金)~9月7日(土)

午前8時30分から午後8時まで


8月31日(土)~9月7日(土)

午前8時30分から午後8時まで 

宮守総合支所1階

 ※令和元年5月22日から29日までに市内に転入された方は、8月29日から期日前投票をすることができます。(8月28日以前は、期日前投票ができません)

  令和元年5月30日から6月1日までに市内に転入された方は、9月1日から期日前投票をすることができます。(8月31日以前は、期日前投票ができません)

(ご注意)岩手県議会議員選挙の期日前投票は、令和元年8月31日(土)からの開始となります。(8月30日までは、岩手県知事選挙のみの期日前投票です)

不在者投票

長期の出張や旅行などで選挙期間中に名簿登録地以外の市町村に滞在している場合や、東日本大震災の被災等により、住民票のある市町村から遠野市に避難されている方は、滞在先の市町村で投票することができます。詳しくは、遠野市ホームページ内の、「名簿登録地以外の市町村選挙管理委員会における不在者投票」、「郵便等による不在者投票」、「病院、老人ホーム等の施設での不在者投票」各ページをご覧ください。

なお、投票用紙等の郵送に日数がかかりますので、日数に余裕を持って手続きを行うようお願いします。

 

◆不在者投票の請求書兼宣誓書の様式はこちらです。↓

 不在者投票請求書兼宣誓書.doc [42KB docファイル] 

 【記載例(汎用)】不在者投票請求書兼宣誓書.pdf [205KB pdfファイル] 

引越(住所異動)をされた方の投票について

  令和元年6月2日以降に、岩手県内での引越(住所異動)をされた方は、以下の方法により投票することができます。

 

1 「引き続き県内に住所を有する旨の証明書」の発行を受ける場合

 ① 前の住所地で投票する

 前住所地、または現住所地の市役所(町村役場)から、「引き続き県内に住所を有する旨の証明書」の発行を受け、前住所地にて期日前投票、または当日投票を行う。

 ② 現在の住所地で投票する

 前住所地、または現住所地の市役所(町村役場)から、「引き続き県内に住所を有する旨の証明書」の発行を受けるとともに、選挙管理委員会から「宣誓書兼請求書」もらう。証明書と必要事項を記載した宣誓書兼請求書を前住所地の選挙管理委員会へ持参、または郵送により投票用紙等を請求し、郵送された投票用紙等を現住所地の不在者投票所に持参して不在者投票を行う。

 

2 「引き続き県内に住所を有することの確認」を求める場合

 ① 前の住所地で投票する

 前住所地の期日前投票所(期日前投票の場合)、または投票所(当日投票の場合)で、引き続き県内に住所を有することの確認を求める。選挙管理委員会による確認作業後、投票用紙の交付を受け投票を行う。

 ② 現在の住所地で投票する

 前住所地、または現住所地の選挙管理委員会から「宣誓書兼請求書」をもらい、必要事項を記載する。その際、引き続き県内に住所を有することの確認を求めるため、用紙の余白に「引続居住」と記載する。この「宣誓書兼請求書」を前住所地の選挙管理委員会へ持参、または郵送により投票用紙を請求し、郵送された投票用紙等を現住所地の不在者投票所に持参して不在者投票を行う。

投開票結果

 令和元年9月8日に執行された岩手県知事選挙の遠野市開票区における投開票結果については、次のファイルをご覧ください。

  岩手県知事選挙 遠野市開票区 投開票結果 [305KB pdfファイル]