安心安全な地域医療の確保が喫緊の課題

遠野市の医師確保対策の概要

 全国的な医師と診療科の偏在により、大都市と地方都市、さらには地方都市と過疎地・へき地等との間で医療格差が生じています。

 加えて岩手県は、広大な面積を有し山間部が多い地形であることから、へき地等の遠隔地域から充実した地方都市の病院へ1日がかりで通う患者も多く、一概に医師の充足状況を人口単位のみでは計れない、面積的・地理的な課題を抱えています。

 遠野市の医療環境は、県立遠野病院を地域基幹病院として開業医院12施設、市の国保直営診療所が3施設(うち2施設は出張所)となっています。

 特にも地域医療の要となる県立遠野病院にあっては、市内のみならず住田町・宮古市(旧川井村)などを含めた広域の地域基幹病院として、24時間体制の救急医療も行う市民医療に欠かせない役割を担っています。

 このことから、県立遠野病院と市内病院との連携を図りながら、安定的に医療サービスを提供できる、安心安全な地域医療の確保が喫緊の課題となっています。

県立遠野病院へ新しく勤務されるドクターを支援します

県立遠野病院医師確保対策(平成19年度~当面必要とする期間)

遠野テレビ・インターネット整備

 対象者:新規勤務医師(現勤務医師含む)

 内 容:県医師公舎に遠野テレビ及びインターネットの環境を整備

     ・加入金の免除

     ・宅内配線工事費(市負担)

     ・インターネット配線工事費(市負担) ※各配線工事費の市負担は初回限り

 その他:遠野テレビの各使用料(テレビ及びインターネット)は自己負担

乗用馬サービス

 対象者:新規勤務医師(現勤務医師含む)

 内 容:医師の希望又は選択による乗用馬のサービス

     ・遠野馬の里の乗用馬無償貸与

     ・遠野馬の里乗馬騎乗料免除

 その他:乗用馬保有に係る預託金(月額63,000円)は自己負担

菜園の無償貸与

 対象者:新規勤務医師(現勤務医師含む)

 内 容:医師の希望により菜園を無償貸与

     ・市有地の無償貸与

     ・その他の菜園用土地斡旋

学会等研修補助

 対象者:新規勤務医師(現勤務医師含む)

 内 容:市医師会を事業主体にし、市医師会に補助申請して学会研修費補助等を受ける

     ・1人あたり200千円を限度

 その他:市医師会員のみ対象とする