遠野まつり

 9月16日(土)、17日(日)「日本のふるさと遠野まつり」が開催されました。初日は、本庁舎前の開会セレモニー後、猿田彦を先頭に勇壮な行列がスタートし、54の郷土芸能団体が共演しました。2日目は、遠野郷八幡宮において、遠野南部流鏑馬、郷土芸能団体による馬場めぐりが行われました。

 

 

チャタヌーガ市・遠野市姉妹都市締結式

 9月15日(金)、市役所本庁舎多目的ホールにおいて、米国テネシー州チャタヌーガ市と姉妹都市を締結しました。チャタヌーガ市とは、平成3年から行ってきた海外派遣交流事業をきっかけに、多くの中高校生や市民が交流を続け関係を深めてきました。市民の交流を発展させ、絆をさらに深めていきたいと思います。

 

 

本庁舎開庁式、落成式、祝賀会

 9月3日(日)、市役所本庁舎開庁式、落成式、祝賀会を多くの市民や関係者の方々と共に祝うことができました。東日本大震災で本庁舎が全壊してから約6年半。分散庁舎からようやく市役所としての機能を拠点として形にすることができました。

 

  

本庁舎引渡し式及び市民内覧会

 8月19日(土)、本庁舎引渡し式及び市民内覧会を開催しました。9月の供用開始を前に、多くの市民が集う機会となった内覧会には、2日間で1,200名程の市民、関係者の皆様が訪れました。

 

  

名誉市民墓参

 8月7日(月)、遠野市の名誉市民等の墓参を行いました。改めて先人の方々の偉業を思い起し、次の世代に遠野の誇りとしてしっかりと伝えなければと思います。

 

    

岩手県知事への統一要望

 8月1日(火)、遠野市と市議会による岩手県知事への統一要望を実施しました。今回の要望は「道の駅」の魅力づくりなど14項目26件。県南広域振興局との一層の連携強化も提案して参りました。

 

 

岩手県緑の少年団大会

 7月27日(木)、遠野みらい創りカレッジにおいて「第49回緑の少年団大会」開会式が行われました。県内外から23の少年団、約300人の団員の皆さんが、2日間に渡る体験学習や共同生活に向け仲間との顔合わせを行いました。

 

  

農地パトロール出発式

 7月25日(火)、平成29年度の農地パトロール出発式が、遠野地区合同庁舎で行われました。人々の暮らしと命を支える重要な資源である農地が適正に管理され、効率的に利用すること、そして耕作放棄地ゼロを目指す取り組みを確認しました。

 

 

道・ネットワークシンポジウム

 7月19日(水)、市民センター大ホールにおいて「道・ネットワークシンポジウムー太い絆と命の道がつなぐ地方創生」を開催いたしました。全国に1,117カ所ある「道の駅」は、地方創生を担う拠点、生活に欠かせない存在となっています。「道の駅」全国ネットワーク拡大を目指す『岩手「道の駅」ネットワーク構築宣言』を行いました。