仕事納めの式

 12月28日(水)、仕事納めの日を迎えました。この一週間には、福祉自治体ユニット首長連絡会・勉強会、遠野市少年少女空手道選手権大会、遠野一輪車クラブスポーツ少年団発表会、中高生海外派遣交流事業及びチャタヌーガ市民視察ツアーに係る結団式等が行われました。

 今年は熊本地震や台風10号への対応。46年ぶりの岩手国体。本当に様々なことがありましたが、市民の皆様の協力により、それぞれの課題や事業に立ち向かうことができたと思っております。来年もよろしくお願いいたします。

 

 

市議会12月定例会

 12月9日(金)、市議会12月定例会が終了しました。8人の議員による一般質問があり、補正予算案など提案した全議案が可決となりました。補正額は5億7398万円。児童館施設整備、小学校プール・中学校屋内運動場整備、運動公園遊具設置事業費等に対応するための予算措置となります。

 

 

平成・南部藩「一日国替え」

 11月18日(金)、二戸市において平成・南部藩「一日国替え」が行われました。二戸市の一日領主として、二戸市の施策、取り組みなどについて説明を受け、市内の企業を視察させていただきました。その後、二戸市の幹部職員約50名に「遠野スタイルのまちづくり2016」と題して講話を行いました。思いやり、心づかい、気配りの中で、伝えることの大事さなどを話して参りました。

 

 

台湾訪問

 11月13日(日)から16日(水)の日程で、文化と物産における台湾との交流を拡げるため、台湾大学、裕毛屋を訪問しました。14日は「伊能嘉矩に関する文化交流及び協力に関する協定」の台湾大学図書館との覚書署名、人類学博物館との協定書の署名を行い、15日には裕毛屋崇徳店において、地方創生に関し連携協定を締結しました。

 

   

東北地方整備局職員向け講演

 10月21日(金)、東北地方整備局において、東日本大震災の記憶を風化させないことを目的とした、東北地方整備局職員対象の講演会が開催され「忘れない 忘れさせない 東日本大震災」と題して講演を行って参りました。

 

 

全国「道の駅」連絡会総会及びシンポジウム

 10月12日(水)、北海道弟子屈町において、全国「道の駅」連絡会総会とシンポジウムが開催され、全国各地から自治体関係者など1,000人を超える方が参加しました。総会では、全国「道の駅」連絡会会長として、連携とネットワーク、市町村間の水平連携の重要性を挨拶して参りました。

 

 

希望郷いわて国体

 10月6日(木)、サッカー競技少年男子の試合が終了しました。各ブロック大会を勝ち抜いた24都道府県の代表チームが出場し、熱戦を繰り広げました。決勝は、広島と大阪、見事な戦いでした。遠野市民一人ひとりが、自分にできる形で参加し、楽しみ、全力応援で支えた大会でした。