同プロジェクトは、遠野の水源地である同高原をかつての森に戻すため、10年前からNPO法人遠野エコネットが活動を展開。

同日は、環境教育の一環で土淵小学校の4年生18人が参加し、植樹活動を通じて森林の役割や水の大切さを学びました。

 

      

 

同法人の職員らが植樹方法を説明した後、4班に分かれて活動。

 

  植樹する場所を決めたら、支柱を立て土を掘り起こします

 

 

 苗木を植えた後は、シカの食害を防ぐため、プラスチック製の筒状の防除器具を取り付けます

 

 

児童たちはスコップで土を掘り起し、一人3本ずつミズナラの苗を植え、それぞれにシカ食害対策用の器具を取り付けました。

 

 

 

       

 

器具の取り付けにはコツが必要で、児童は悪戦苦闘。しかし、2本目、3本目になると、感覚を覚えスムーズに取り付けられるようになりました。

児童は、初めての体験に汗を流しながら夢中で取り組んでいました。 

 

     

 

    真剣なまなざしで3本目の器具を取り付ける子どもたち

 

荒川響介くんは「学校の畑の土より少し硬くて掘るのが大変だったけど、楽しかったです」とにっこり。

 

 

 班員同士で協力し合いながら木の高さを計測

 

同法人代表の千葉和さんは「木の成長を子どもたちと一緒に観察していきます。今後もこの活動を継続していきたい」と意気込んでいました。

 

同活動は、7月に苗木の成長の様子を観察し、また、9月には苗木を育てるため、ドングリ拾いを行う予定です。