全国道の駅連絡会に係る意見交換会

 9月29日。国土交通省で開催された全国道の駅連絡会に係る意見交換会に出席しました。現在では全国に道の駅が1,030駅あります。その駅をネットワークで結び、地域活性化の拠点としてさらに機能強化していこうというのが今後の狙いです。

 

 

日本のふるさと遠野まつり

 9月20日は市街地で、21日は遠野八幡宮境内を会場に「日本のふるさと遠野まつり」が開催されました。今回は6年ぶりの合同開催となり、市街地・八幡宮境内両会場で総勢65団体の華やかな舞い、力強い踊りが披露されました。市内外の多くの方々に遠野の秋の一大風物詩を楽しんでいただけたのではないでしょうか。

 

 

遠野緑峰高校がホップの和紙で日本学校農業クラブ全国大会に出場

 9月10日(水)、緑峰高校生がホップの蔓を利用した和紙を開発したことから日本学校農業クラブ全国大会に出場することとなり、本日出場報告をいただきました。若者の発想で新たな活力が芽生えています。全国大会でも堂々と発表してきてほしいものです。

 

 

キリン一番搾りとれたてホップ生ビール初仕込み式

 9月10日(水)、キリンビール仙台工場で行われたキリン一番搾りとれたてホップ生ビール初仕込式に参加しました。今年も農家の皆さんが一生懸命に育てたホップが香り豊かなビールとして醸造され「10月28日」に発売されます。

 

道の駅「遠野風の丘」に「漁師の魚屋」が出店

 9月7日(日)、「遠野風の丘」に大船渡市の鎌田水産が「漁師の魚屋」を出店し、オープニングセレモニーが開催されました。沿岸と内陸がともに東日本大震災からの復興を目指す交流の拠点として、遠野風の丘の重要性がさらに期待されます。是非お越しくださり、海の幸と山の幸をお買い求めください。

 

 

県立高等学校教育のあり方検討委員会懇談会

 9月4日(木)、県立高等学校のあり方を考える釜石・遠野ブロック懇談会に出席しました。人口減少、少子化により高校の再編成が議論されておりますが、単純な数合わせではなく、各地域の現状を把握し、「地域の思い」に沿った高校のあり方を検討していただきたいと述べて参りました。

 

 

第三セクター等経営円卓懇話会

 8月29日(金)、第三セクター等経営円卓懇話会を開催しました。①産業振興事業、②観光振興事業、③文化交流事業、④情報事業の4分野の有機的な連携により第三セクターの再活性化を図るため円卓懇話会を設けました。分野、施設の枠を越え、連携することで新しいアイディア、新しい解決方法を見つけることが出来ます。

 

 

兵庫県福崎町との友好都市共同宣言調印式・遠野文化フォーラム

 8月23日(土)、遠野物語の著者・柳田國男生誕の地である兵庫県福崎町との友好都市共同宣言調印式を開催しました。両市町はこれまで柳田國男ゆかりサミットなどを通じて交流しており、今回の共同宣言により絆をさらに深め地域活性化につながる文化交流を行ってまいりたいと思います。

 

 

ICT健康塾に係る勉強会

 8月20日(水)、職員を対象にICT健康塾の事例発表を開催しました。健康福祉部局の職員だけでなく各部局を参集し情報共有を行いました。分野を越えた情報共有により新たな可能性を生み出して行かなければなりません。当日は西米良診療所の職員の方々にも参加していただきました。地域医療の確保、地域の活性化という共通の課題に対するアプローチを共有することが出来ました。

 

 

2014東京大学イノベーションサマープログラム

 8月10日(日)、遠野みらい創りカレッジ土淵校で、東京大学の学生や海外の学生と遠野高校の生徒が遠野の未来について話し合うサマープログラムが開催されました。とても和やかな雰囲気の中、高校生と大学生が笑顔で意見交換する様子は遠野の明るい未来を照らしているようでした。

 

 

平成26年度第3回岩手県市長会

 8月1日(金)、遠野市と市議会による岩手県知事への統一要望を実施しました。今回の要望の1つ目のキーワードは、「地域資源を生かした産業振興」。雇用があれば、家族が安心して暮らせます。そして、少子化対策にも繋がります。2つ目のキーワードは「ネットワーク」。道路やICTのネットワークを生かしたまちづくりについて提案しました。県には要望としてだけでなく基礎自治体としての現場目線の政策提言として受け止めていただきました。

 

 

岩手県知事への統一要望

 8月1日(金)、遠野市と市議会による岩手県知事への統一要望を実施しました。今回の要望の1つ目のキーワードは、「地域資源を生かした産業振興」。雇用があれば、家族が安心して暮らせます。そして、少子化対策にも繋がります。2つ目のキーワードは「ネットワーク」。道路やICTのネットワークを生かしたまちづくりについて提案しました。県には要望としてだけでなく基礎自治体としての現場目線の政策提言として受け止めていただきました。

 

 

 

 

武蔵野市交流市町村・経済同友会の方々との懇談

 7月8日(火)、7月市議会臨時会を開催しました。今回の議案は遠野市民センターと市民サッカー場の改修工事について、みらい創りカレッジ(旧土淵中学校)の設計業務委託についてです。3議案ともに可決いただきました。市民の利便性の向上と国体に向けての着実な準備、そして未来を担う集いの場の整備に注力してまいります。

 

 

7月市議会臨時会

 7月8日(火)、7月市議会臨時会を開催しました。今回の議案は遠野市民センターと市民サッカー場の改修工事について、みらい創りカレッジ(旧土淵中学校)の設計業務委託についてです。3議案ともに可決いただきました。市民の利便性の向上と国体に向けての着実な準備、そして未来を担う集いの場の整備に注力してまいります。