今作で初めて演出を手掛ける小林立栄さんの指導のもと、キャストは本番さながらの舞台稽古に臨み、立ち位置や動作、全体の流れを一つ一つ確認。

 稽古に励むキャストの皆さん

 演出を務める小林さん

また、大道具や小道具、音響などの裏方スタッフは、今後の本格的な制作開始に備え全2幕12場のイメージを膨らませました。

今作は、綾織町の猿ヶ石川を舞台に人間の世界が嫌になって家出をした「やんたろう」と河童たちとの交流が描かれています。

子どもたちがたくさん出演するのも特徴。

 子どもたちのかわいらしい演技から目が離せません

  この場面、笑えます!

コミカルな場面もあり、広報担当者も思わず腹を抱えて笑ってしまいました。クライマックスは、涙がポロリ…

チケット好評発売中。買い求めはお早めに!

 詳細はこちら➡www.city.tono.iwate.jp/index.cfm/35,26616,168,215,html