消防団員が駐車場㊧から、消防署員が石垣付近からそれぞれ放水しました

訓練は同日7時半、千葉家の馬屋から出火したとの想定で実施。消防署員と消防団員は、千葉家の駐車場と

石垣付近の2カ所からの放水訓練で、有事の際の放水位置などを確認しました。  

   消防署員も団員もそれぞれ機敏な動作で訓練にあたっていました

小原有市消防署長は「火災発見からの通報、放水までそつなくできていた。千葉家は遠野の宝。地域で火災

のないように見守ってほしい」と協力を呼び掛けました。

市は今後、千葉家の改修に併せ防災設備の設置や、有事の際、消防車が入れる道路の整備などを進めます。