同法人の会員や市内のパティシエが講師として来校し、同校の6年生71人は自分たちが望む未来の遠野をケーキで表現しました。

児童は6グループに分かれ「自然豊かなふるさと」や「楽しいことがたくさんあるまち」など、自分たちで描いた設計図をもとにケーキ作りに挑戦。

  県内外のパティシエが先生。楽しそう

砂糖菓子の「マジパン」で作ったカッパや動物、草木、建物などをスポンジケーキに飾り付け、理想のまちを作り上げました。

  

  夢あふれるケーキが完成! どれもカラフルでかわいらしいですね~★

最後は、一人一人が将来の夢を発表し、完成したケーキを試食。

  

清水代表は「友達と支え合い、自分の夢をかなえてください」とアドバイスを送り、パティシエを目指している石綿梨子(いしわた・りこ)さんは「アイディアを形にすることが楽しかった。将来はお菓子で人を幸せにしたい」と夢を膨らませました。